MENU CLOSE

IT・科学

2413

クローンiPhone、LINEが対策 安心?それでも必要な注意点

タレント・ベッキーさんの不倫疑惑。情報流出の原因ではないかと指摘されていた「クローンiPhone」と呼ばれる抜け穴について、LINE社が対策をとりました。

騒動は沈静化したけれど‥‥LINEの対策は続いてました
騒動は沈静化したけれど‥‥LINEの対策は続いてました

目次

 タレント・ベッキーさんの不倫疑惑。騒動は静まりましたが、致命傷となった、LINE画面が週刊誌に漏れた原因は謎のままです。そうした中、情報流出の原因ではないかと指摘されていた「クローンiPhone」と呼ばれる抜け穴について、LINE社が対策をとりました。本当に抜け穴はふさがれたのでしょうか?

最新版はのぞき見「不可能に」

 LINE社によると、2月22日公開の最新版は「複数のスマートフォン端末からアクセスすることが不可能になりました」といいます。

 もともとLINEは情報を守るため、登録した1台のスマホからしか、やりとりを見られない仕組みになっています。

 ところが、iPhoneの中身を丸ごとバックアップして別のiPhoneに移し替えると、新旧両方の端末からやりとりが見られていました。

 これが「クローンiPhone」と呼ばれる抜け穴です。万が一クローンが他人の手に渡ると、気づかずにLINEのやりとりをのぞき見される可能性があります。ツイッターでは、機種変更をして「偶然クローンができてしまった」とつぶやいている人もいました。

LINEの同じ画面が、複数のスマホで見られてしまっていた
LINEの同じ画面が、複数のスマホで見られてしまっていた

以前作ったクローンに注意

 最新版を入れておけば、iPhoneのデータを新たな端末に移すと、古いiPhoneからはやりとりを見ることができなくなります。LINEをのぞき見られる、新たな「クローンiPhone」は作れなくなったわけです。

 ただ、クローンによる危険性が、根絶できたわけではなさそうです。LINE社によると、最新版にしても、過去に既につくってしまったクローンからは、やりとりを引き続き見ることができるといいます。機種変更した古いスマホを、パスワードをかけずに放置しておくようなことは、控えたほうが良さそうです。

 LINE社は「スマホ端末やパスワードの管理を今一度徹底して欲しい」と呼びかけています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます