閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年12月11日

サカナモンのイカCD、初日で完売続出 「ダメな自分、音楽が救う」

  • 13342

SAKANAMONのボーカル藤森元生さん

SAKANAMONのボーカル藤森元生さん

出典: SAKANAMON

タワレコ限定「異例の反響」

 「現実から目を背けたい時、せめて音楽を聴いている瞬間だけでも救われて欲しい」。そんな思いを込めた3ピースロックバンド「SAKANAMON(サカナモン)」の新曲「PLAYER PRAYER」が9日、タワーレコード限定で発売されました。枚数も限定したことから、予約段階で9割が売れ、多くの店でCDが並ばないという「異例の反響」(タワレコ担当者)に。メジャーデビューをして3年。同系レーベルの先輩「サカナクション」に続くサカナ系バンドとして、人気が広がりつつあります。

PLAYER PRAYERの YouTube限定MUSIC VIDEO。左からベースの森野光晴さん、ボーカルの藤森元生さん、ドラムの木村浩太さん

出典:youtube


「セカオワ」Fukaseさんも注目

 SAKANAMONは2007年に結成。ボーカル・ギターの藤森元生さん、ベースの森野光晴さん、ドラムの木村浩太さん(09年に加入)は全員27歳で、同じ音楽専門学校の同級生です。「聴く人の生活の『肴』になるような音楽を」と、キャッチ-で中毒性のある「和メロ」に乗せた藤森さんのストレートな歌声が持ち味で、「SEKAI NO OWARI」のFukaseさんも一目置くほど。今月末の「カウントダウンジャパン」(東京)にも出演するなど大型フェスでも活躍しています。


「イカジャケ」も話題に

 タワーレコードによると、限定CDは過去の実績から販売枚数を決定。曲を披露した秋のツアーやインターネットで予約を受付始めると、「直球でかっこいい」「駆け抜ける感じがめっちゃ好き」と11月末にはいったん予約が終了に。追加生産で予約は再開されましたが、9日の発売日には全国84店舗の多くで在庫がなく、「どこ行っても予約分完売で泣いてる」「もう売り切れだった…」と購入できなかった人たちのツイートも出るほどでした。

 一方、CDを手に入れた人たちは曲の感想とともに、「面白いことをやろう」と企画されたスルメイカの形のパッケージについても「イカやしやばい」「ディスクちゃんとくっついてる」「好きだけど保管に困る」などと話題にしています。

注目を集める新曲の「イカジャケ」

注目を集める新曲の「イカジャケ」

葛藤の末、たどり着いた「分かりやすさ」

 メジャー後3枚目のCDとなった新曲は、「不安や不満がある毎日で、音楽を聴いている瞬間だけでも救われて守られて無敵になって欲しい」(藤森さん)とメッセージ性が強い歌詞になりました。作詞した藤森さんは「ダメな自分を肯定してくれるのが、音楽だった」。自身を「コミュ障」と話すほど人間関係が苦手な性格が、歌詞につながっていると言います。タワレコも「ありがちな自己肯定ではない、音楽という表現を武器に世界を丸ごと塗り替えてしまうような強さがある」と魅力を語ります。

 しかし、「デビュー当初は方向性が違っていた」と藤森さん。「音楽が救い」という根本は同じでも、「草臥れる日々 斜陽に凭れ 曲がる街路樹 憂いのミーム」(カタハマリズム)のような難解な歌詞に挑戦し、「抽象画のようにインスピレーションで感じ取ってもらうことを大事にしていた」と振り返ります。

SAKANAMONのボーカル藤森元生さん

SAKANAMONのボーカル藤森元生さん

 その考えが変化してきたのが2枚目のアルバムをリリースした昨年。「歌詞が邪魔して、みんなに届いてない気がした」と感じた藤森さんは、今までの世界観を保ちつつも「できるだけ伝わるような」曲を制作するようになります。その中で生まれた曲の一つが「PLAYER PRAYER」。こうした楽曲の変化について、マネジャーの江森弘和さんは「以前よりも結果を求める曲作りになってきた」と話します。

つまらない音楽はしたくない

 「売れたいからってつまらない音楽はしたくない」。試行錯誤しながらも、音楽の力を信じて成長を続けるSAKANAMON。今年発表した「TSUMANNE 」は、歌詞の「つまんねぇよ」がコール&レスポンスできるようになっているなど、ライブやフェスで盛り上がる曲も多くあります。現在は新曲を含めたアルバム作りに取りかかっており、藤森さんは「来年はアルバムとツアーでもっと面白いことをしていきたい」と抱負を話しました。

今年7月のSAKANAMONワンマンツアー=Zepp DiverCity (TOKYO)

今年7月のSAKANAMONワンマンツアー=Zepp DiverCity (TOKYO)

出典: SAKANAMON

サカナクション、上野のカラオケ館をジャック
前へ
「LOST IN KARAOKE」での山口一郎(左)らのパフォーマンス=(C) Yukitaka Amemiya/Red Bull Content Pool
次へ
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る