MENU CLOSE

話題

69434

「標高3000メートルの黒猫」無事保護! 保健所「飼い主探す」

長野・山梨にまたがる赤岳の山頂に迷い込み、ツイッターなどで心配されていた黒猫。26日朝、無事に保護することができました。

黒猫が無事に保護された瞬間=藤森周二さん提供
黒猫が無事に保護された瞬間=藤森周二さん提供

目次

 長野・山梨にまたがる赤岳(標高2889メートル)の山頂に迷い込み、ツイッターなどで心配されていた黒猫。26日朝、山荘の関係者らで無事に保護することができました。毛づやもよく、健康状態に問題はなさそうとのこと。「飼い猫だった可能性もある」として地元の保健所が保護し、飼い主を探しています。

大人6人がかりで無事保護

 26日朝8時ごろ、赤岳で山荘を営む藤森周二さんら山荘スタッフが黒猫を発見。エサでおびき寄せ、6人がかりでケージ内に入れることができました。黒猫はケージに入ったまま、晩秋の八ヶ岳の景色を見ながら下山。すぐに地元の諏訪保健所に引き渡されました。また、この黒猫はオスだったこともわかりました。

 ケージは諏訪保健所が貸し出したもの。保健所と山荘が協力し合いながらの保護作戦は無事に成功しました。藤森さんは「自然の中で生きていた為、だいぶすばしっこくて保護するのにも苦労しました。所管の保健所の協力によりゲージ等があったので傷付けずに保護できたことが幸いです」と喜んでいます。

山荘スタッフの背中に担がれ、山を下りていく黒猫=同
山荘スタッフの背中に担がれ、山を下りていく黒猫=同
下山中の黒猫が見た景色=同
下山中の黒猫が見た景色=同

保健所が飼い主を探す

 とはいえ、3カ月近くも標高3000メートルの山にいた黒猫です。健康状態は大丈夫だったのでしょうか。諏訪保健所の担当者は「想像していた以上に毛づやがいい。元気にお菓子を食べてくれるし、安心しました」。保健所は2週間ほどの時間をかけて飼い主を探し、現れなかった場合は里親を募集するそうです。「日頃から何とか処分頭数を減らしたいと思ってます。急激な環境の変化で少し気が張っているところもありますが、気の優しい猫なのは確かです。引き取り手が見つかるように頑張ります!」と話しています。

 藤森さんも「3カ月間力強く生き抜いた猫です。今後幸せな家庭に引き取られることを願うばかりです」と話しています。

関連リンク:迷子動物の情報/諏訪保健福祉事務所
保護された黒猫。オスだった=諏訪保健所提供
保護された黒猫。オスだった=諏訪保健所提供
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます