close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年09月21日

「元少年A」自ら発信 少年法「想定外」の事態、どう向き合えば?


  • 30313

「元少年A」の著書

「元少年A」の著書

出典: 朝日新聞

最新ニュースを受け取る

 自ら「元少年A」と名乗り手記を世に問い、一部報道によるとホームページまで開設し、出版社に心情を吐露する手紙を送ったとされる神戸連続児童殺傷事件の加害男性。一方で少年法は、少年犯罪に関して本人が特定できる報道を禁じてプライバシーを保護している。加害男性の一連の振る舞いは、そもそも少年法が想定していたものなのか。更生したと認められて社会復帰した彼の自己表現に、社会はどう向き合うべきなのか。専門家に聞いた。

売り場に平積みされた加害男性の手記「絶歌」=2015年6月10日

売り場に平積みされた加害男性の手記「絶歌」=2015年6月10日

出典: 朝日新聞

生々しい独白、憤る被害者遺族

 加害男性は1997年2―5月に神戸市内で児童5人を襲い、小4の女児と小6の男児を殺害、3人に重軽傷を負わせた。事件は社会に大きな衝撃を与え、刑事罰の対象年齢を16歳から14歳に引き下げる少年法改正のきっかけにもなった。そして彼は今年6月、事件前後の心境やその後の自らの生活をつづった「絶歌」(太田出版)を上梓した。

 この出版に対して被害者遺族らは「事前に何の連絡もなくショック」「遺族に対して悪いことをしたという気持ちが無いことが分かった」などと厳しく批判。事件加害者による手記出版を規制するための法整備を強く求めている。

 さらに一部報道によると、「少年A」からの手紙が複数の出版社に届いた。
 手紙には「絶歌」の売れ行きへの不満や、自らの情報発信の拠点としてホームページ開設の報告などが書かれていたという。今月14日に発売された週刊誌「週刊ポスト」(小学館)は、現在33歳という加害男性の事件当時の実名と顔写真を載せ、彼の近況などを報告している。

加害男性の処分を巡って少年審判が開かれた、神戸家庭裁判所の少年審判廷=1997年8月27日

加害男性の処分を巡って少年審判が開かれた、神戸家庭裁判所の少年審判廷=1997年8月27日

出典: 朝日新聞

5人の児童が殺傷される事件のあった通称「タンク山」
前へ
1997年に5人の児童が殺傷される事件のあった通称「タンク山」と周辺の住宅団地=2007年5月21日
次へ
1/6
前へ
次へ

コメント

あわせて読みたい

思わず目が合う「ししゃもパン」 新千歳空港の逸品 もちろん子持ち
思わず目が合う「ししゃもパン」 新千歳空港の逸品 もちろん子持ち
NEW
鳩サブレー「ひと手間」で割れにくく 個包装のしっぽ付近に仕掛けが
鳩サブレー「ひと手間」で割れにくく 個包装のしっぽ付近に仕掛けが
マンションの断水、停電しても給水できます...
マンションの断水、停電しても給水できます...
助手席にオオサンショウウオ 170cmぬいぐるみ、MKタクシーが話題
助手席にオオサンショウウオ 170cmぬいぐるみ、MKタクシーが話題
人に指差された顔…それでも街を歩きたい 偏見残る社会に望むこと
人に指差された顔…それでも街を歩きたい 偏見残る社会に望むこと
見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い
見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い
「母という生き物」になったんだ… 息子を抱く実母を見て思ったこと
「母という生き物」になったんだ… 息子を抱く実母を見て思ったこと
中国人留学生が日本でマンション買った理由 不動産で進む「爆買い」
中国人留学生が日本でマンション買った理由 不動産で進む「爆買い」
横田基地「友好祭」、テーマパーク級の盛況 これも在日米軍の風景
横田基地「友好祭」、テーマパーク級の盛況 これも在日米軍の風景
英文かと思いきや「関西弁」でした! メンズビオレのラベルが話題に
英文かと思いきや「関西弁」でした! メンズビオレのラベルが話題に
顧問の「叫べ!」に羞恥心、王子と呼ばれて…漫画「部活動の黒歴史」
顧問の「叫べ!」に羞恥心、王子と呼ばれて…漫画「部活動の黒歴史」
外国人労働者の「日本愛」と「絶望」ベトナ...
外国人労働者の「日本愛」と「絶望」ベトナ...

人気

もっと見る