MENU CLOSE

話題

30590

「元少年A」自ら発信 少年法「想定外」の事態、どう向き合えば?

自ら「元少年A」と名乗り手記を世に問うた、神戸連続児童殺傷事件の加害男性。一方で少年法は、成人後も加害者のプライバシーを保護している。一連の振る舞いは、そもそも少年法が想定していたものなのか。彼の自己表現に、社会はどう向き合うべきなのか。

「元少年A」の著書
「元少年A」の著書 出典: 朝日新聞

 自ら「元少年A」と名乗り手記を世に問い、一部報道によるとホームページまで開設し、出版社に心情を吐露する手紙を送ったとされる神戸連続児童殺傷事件の加害男性。一方で少年法は、少年犯罪に関して本人が特定できる報道を禁じてプライバシーを保護している。加害男性の一連の振る舞いは、そもそも少年法が想定していたものなのか。更生したと認められて社会復帰した彼の自己表現に、社会はどう向き合うべきなのか。専門家に聞いた。

売り場に平積みされた加害男性の手記「絶歌」=2015年6月10日
売り場に平積みされた加害男性の手記「絶歌」=2015年6月10日 出典: 朝日新聞

生々しい独白、憤る被害者遺族

 加害男性は1997年2―5月に神戸市内で児童5人を襲い、小4の女児と小6の男児を殺害、3人に重軽傷を負わせた。事件は社会に大きな衝撃を与え、刑事罰の対象年齢を16歳から14歳に引き下げる少年法改正のきっかけにもなった。そして彼は今年6月、事件前後の心境やその後の自らの生活をつづった「絶歌」(太田出版)を上梓した。

 この出版に対して被害者遺族らは「事前に何の連絡もなくショック」「遺族に対して悪いことをしたという気持ちが無いことが分かった」などと厳しく批判。事件加害者による手記出版を規制するための法整備を強く求めている。

 さらに一部報道によると、「少年A」からの手紙が複数の出版社に届いた。
 手紙には「絶歌」の売れ行きへの不満や、自らの情報発信の拠点としてホームページ開設の報告などが書かれていたという。今月14日に発売された週刊誌「週刊ポスト」(小学館)は、現在33歳という加害男性の事件当時の実名と顔写真を載せ、彼の近況などを報告している。

加害男性の処分を巡って少年審判が開かれた、神戸家庭裁判所の少年審判廷=1997年8月27日
加害男性の処分を巡って少年審判が開かれた、神戸家庭裁判所の少年審判廷=1997年8月27日 出典: 朝日新聞

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます