MENU CLOSE

お金と仕事

107298

コミケに学ぶ体臭対策 前日にシュッ、ハイテク下着、ローマの知恵

夏のコミケのファンにとって悩みの種の一つが「におい」です。コスプレーヤー向けの消臭製品も登場。コミケに学ぶ消臭、消臭テクを紹介します。

消臭スプレーのプロモーションに起用されたカリスマコスプレイヤーのロゼさん=花王提供
消臭スプレーのプロモーションに起用されたカリスマコスプレイヤーのロゼさん=花王提供

目次

 8月14日~16日に東京ビッグサイトで開かれる夏のコミックマーケット(コミケ)。ファンにとって悩みの種の一つが「におい」です。開催日が近づくにつれ、ネットでは、においのトラブルの話題が尽きません。最近では、コスプレーヤー向けの消臭製品も登場。コミケに学ぶ消臭、消臭テクニックを紹介します。

「動物園の臭いがするけど動物はいない」

 汗臭さの原因は、アンモニア臭や雑菌の繁殖です。わきの下などのアポクリン腺から出る汗には脂質が多く、皮膚についたままにしておくと、細菌で分解され、においのする脂肪酸になります。さらに、汗に含まれるアンモニアなどと一緒になって強いにおいを放ちます。

 3日間で50万人以上が一つのエリアに集まる夏のコミケ。汗をかかないわけがありません。ツイッターのハッシュタグ「#誰も教えてくれないコミケの常識」では、様々なコミケの情報が飛び交っています。中でも切実なのが「におい」です。コミケ経験者からは、リアルな警告が多数、投稿されています。

「動物園の臭いがするけど動物はいない」
「熱中症や脱水症状が怖いし臭いもヤバい」
「失神するくらい」

大勢のファンが集まる同人誌即売会「コミックマーケット」=2013年12月30日
大勢のファンが集まる同人誌即売会「コミックマーケット」=2013年12月30日 出典: 朝日新聞




わきの下などのアポクリン腺から出る汗には脂質が多い。皮膚についたままにしておくと、細菌で分解され、においのする脂肪酸になる。さらに、汗に含まれるアンモニアなどと一緒になって強いにおいを放つ。
2001年5月28日:汗 体温調節、健康の指標(元気からだ):朝日新聞紙面から
コミックマーケット 1975年に始まり、年々規模を拡大して、今では3日間で50万人以上の人が集まる大イベントになったよ。「コミケ」とも呼ぶよ。
2014年5月2日:(しつもん!ドラえもん:1529)まんが編:朝日新聞紙面から

消臭スプレーにレイヤー起用

 コミケのにおいをターゲットにした商品も生まれています。花王は消臭スプレー「リセッシュ」のプロモーション動画に、カリスマコスプレイヤーのロゼさんを起用。LINEのやり取りを再現したトークの中で、コスプレイヤーにとってのにおいの悩みを打ち明けています。

 汗をかいてからの対策も大事ですが、出かける前にできる「プレケア」もあります。花王によると、服を着る前に消臭スプレーをかけると、生乾きのにおいをおさえることができるそうです。

 また、コスプレの衣装のように洗いにくいものについては、脱いだ後に消臭スプレーをするだけでも効果があります。消臭スプレーの成分が、衣類にしみついた汗などを臭わない成分に変え、時間がたってもにおい戻りが気にならなくなるそうです。

消臭スプレーのプロモーションに起用されたカリスマコスプレイヤーのロゼさん(右)=花王提供
消臭スプレーのプロモーションに起用されたカリスマコスプレイヤーのロゼさん(右)=花王提供

古代ローマ時代の消臭剤

 体臭をおさえる意外なアイテムがあります。食品添加物のミョウバンです。普通は、漬けものや煮物の色を保ったり、ゴボウや栗のあくを抜いたりする目的で使われるミョウバン。実は、アンモニア臭や雑菌の繁殖をおさえる効果があるのです。

 古代ローマ時代から制汗剤や消臭剤として使われていたと言われています。水中の不純物を沈殿させる浄水効果もあるため、プールやお風呂にミョウバンを溶かして入っていたそうです。

 ミョウバン50グラムを2リットルの水かお湯に溶かしたミョウバン水を作り、お風呂に50ccほど混ぜたり、スプレー容器に入れて首筋やわきに一吹きしたりして使います。洋服にスプレーしても効果があります。

【図解】ミョウバンでにおいを防ぐ
【図解】ミョウバンでにおいを防ぐ 出典: 朝日新聞
ミョウバンは、硫酸とカリウム、アルミニウムなどがくっついた物質。白い結晶状のものがスーパーや薬局で「焼きミョウバン」として売られている。
 漬けものや煮物の色を保ったり、ゴボウや栗のあくを抜いたりする目的で使われる。また、たんぱく質を変質させる作用があり、タコのぬめり取りにも使われる。
2015年5月30日:(元気のひけつ)気になる場所に一吹き ミョウバンで体臭や雑菌を抑える
古代ローマ時代から制汗剤や消臭剤として使われていたらしい。水中の不純物を沈殿させる浄水効果もあるため、プールやお風呂にミョウバンを溶かして入っていたようだ。
2015年5月30日:(元気のひけつ)気になる場所に一吹き ミョウバンで体臭や雑菌を抑える
五味さんは、ミョウバン50グラムを2リットルの水かお湯に溶かしたミョウバン水を作っておくことを勧める。お風呂に50ccほど混ぜたり、スプレー容器に入れて首筋やわきに一吹きしたりして使う。洋服にスプレーしても効果があるという。
2015年5月30日:(元気のひけつ)気になる場所に一吹き ミョウバンで体臭や雑菌を抑える

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます