閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年06月21日

黒ひげ危機一発、飛ばしたら勝ちか負けか? タカラトミーの最終解答

  • 15349

発売40周年の黒ひげ危機一発

発売40周年の黒ひげ危機一発

出典: 朝日新聞


 ゲーム玩具「黒ひげ危機一発」は、飛び出させたら勝ちなのか負けなのか?いざゲーム開始となって、ルールを巡って揉めた覚えがある人もいるかもしれません。今年で40周年を迎えるロングセラー商品の公式ルール、実は二転三転していました。

飛び出したら勝ち→自由に決めて→飛び出したら負け

 製造・販売元のタカラトミーによると、1975年の発売時には「縄でしばられ樽に閉じ込められた海賊の親分を、剣で縄を切って救出する」という設定でした。
 そのため、黒ひげを「飛び出させた人が勝ち」というルールでした。
 しかし、発売から4年後の79年には「飛び出したら勝ちまたは負け(遊ぶ前にどちらにするか決めてから遊んでください)」と、ルール自体を遊ぶ人に任せる形に変更されました。
 そして95年、とうとう「飛び出させたら負け」と正式にルール変更が行われました。

黒ひげ危機一発の現在の公式ルール

黒ひげ危機一発の現在の公式ルール

出典:タカラトミー

人気クイズ番組が影響、真逆のルール定着

 これら二転三転したルールの背景には、76年から88年までフジテレビ系列で放送された人気番組「クイズ・ドレミファドン!」の影響があったそうです。
 番組内容は、視聴者や芸能人がイントロを聞いて曲名を当てるクイズが中心でした。
 そのゲーム性を高めるため、飛び出した剣を刺した解答者の得点がゼロになったり、飛び出る黒ひげを受け止められないと豪華賞品を逃したりするなど、タカラトミーの設定と逆のルールで使われたそうです。また、黒ひげが飛び出す時に刺した本人がビックリする様子が「負け」を連想させました。
 これらの影響から、家庭で遊ぶ際にも「飛び出させたら負け」というルールが定着していったようです。

40周年を記念した、ダチョウ倶楽部によるCM動画

出典:タカラトミーのYouTubeチャンネル


あわせて読みたい

社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性

人気

もっと見る