閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年05月25日

地方は好き、でも住まない 女子2人が、東京から特産品プロデュース

  • 32745

はじめて手がけた「かのこっくり」を紹介する、「ハピキラFACTORY」の正能茉優さんと山本峰華さん

はじめて手がけた「かのこっくり」を紹介する、「ハピキラFACTORY」の正能茉優さんと山本峰華さん


 地方の活性化を考えるため、あえて東京に住み、東京で遊んでセンスを磨く。生まれも育ちも東京の女子2人が作った会社があります。地方の名産品を、都会のキラキラ女子にも響くようにプロデュースする。新しい地方創生のスタイルを切り開いています。

「女子と地方の遠さ」実感し起業

 「ハピキラFACTORY」は、正能茉優さん(23)と山本峰華さん(24)が、慶應義塾大学総合政策学部の学生だった2012年に立ち上げました。

 元々地域おこしなどには興味がなかったという2人。大学の先生のすすめで長野県小布施町に滞在したことがきっかけで「女の子と地方の遠さ」を実感。「かわいいモノをきっかけに、女子にも地方のファンになってもらいたい」という思いから、会社を作りました。

2人が2013年に開始した地域興しのプロジェクト「小布施若者会議」。女性の参加率は23%だった

2人が2013年に開始した地域興しのプロジェクト「小布施若者会議」。女性の参加率は23%だった

出典:ハピキラFACTORY

栗のお菓子、ハート形に

 最初に手がけたのは、栗の菓子「栗鹿ノ子」という小布施町の名産品です。地方の年配者向けにデザインされていたパッケージを、思い切ってハート形に変更しました。

 「女の子は、クリスマスやバレンタインなど、モノを買うきっかけが大事」と正能さん。2013年のバレンタインデーに「かのこっくり」として渋谷のパルコで販売しました。

 在庫管理などのノウハウがないまま手探りで始めた店頭販売でしたが、友人の手助けもあり2000個を完売しました。

2人が最初に手がけた「かのこっくり」

2人が最初に手がけた「かのこっくり」

出典:ハピキラFACTORY

かぼちゃ焼酎が「Sake de pumpkin」に

 その後も、縁結びで有名な小布施町の浄光寺の絵馬が「これじゃ恋愛っぽくない」とハート型にしたり。茨城県常陸太田市の「かぼちゃ焼酎」を「Sake de pumpkin(サケ ド パンプキン)」という名前でパッケージなどをデザインしたり。次々と、新しい製品を生み出していきます。

2人がデザインした、かぼちゃ焼酎「Sake de pumpkin(サケ ド パンプキン)」

2人がデザインした、かぼちゃ焼酎「Sake de pumpkin(サケ ド パンプキン)」

出典:ハピキラFACTORY

「一生懸命、東京で遊ぶ!」

 地方を愛する2人ですが「地方に住むことはない」と断言します。

 「東京の会社で働いて、東京で遊び、都会のセンスを持ちながら地方に関わる。そのことで生まれる製品があると思うんです」と山本さん。

 正能さんは「地方の名産品を都会の女子にも届けるため、一生懸命、東京で遊ぶ!」と強調します。

小布施町の浄光寺のハート形絵馬

小布施町の浄光寺のハート形絵馬

出典:ハピキラFACTORY

ネットが支える二足のわらじ

 2人の活動を支えるのは、インターネットです。お互い、会社員として働きながら自分たちの会社を運営する二足のわらじ。LINEで思いついたことを、すぐに相手に伝えて、限られた時間でのミーティングを効率的に進めます。

 2人は「製品を売りたいと思ったら、専門的な知識がなくても手軽に開けるネットショップ開設サービスもあります。ネットがなければ、自分たちの活動は、とても成り立たない」と話します。

モノのストーリーが大事な時代

 手軽にモノが買えて、売ることもできるようになった時代。大事なのは商品の背景にあるストーリーだと言います。2人は制作中の製品について、逐一、フェイスブックやブログにアップ。そのときの気持ちや意気込みを、率直に語ります。

 正能さんは「モノとして可愛くなる可能性は、地方にたくさん眠っている。地方の熱意ある経営者と、都会にいる私たちが一緒にする仕事は、大きな価値を持つんじゃないか。そう思っています」と話しています。

活動状況などが逐一、アップされる「ハピキラFACTORY」のサイト

活動状況などが逐一、アップされる「ハピキラFACTORY」のサイト

出典:ハピキラFACTORY

 正能さんと山本さんは、5月29日19時から、東京・渋谷の朝日新聞メディアラボ渋谷分室で開かれる無料のトークイベント「移住派?都会派?地方創生対決 ネットショップがもたらす消費の未来」に登壇します。イベントの詳細はこちらから。



あわせて読みたい

話題の商店街ポスター「名コピー」誕生秘話 常連も登場、2人は他界
話題の商店街ポスター「名コピー」誕生秘話 常連も登場、2人は他界
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く
文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く
駐日トルコ大使、会見で大いにボヤく!「日本みたいに平和なら…」
駐日トルコ大使、会見で大いにボヤく!「日本みたいに平和なら…」
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「...
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「...
嫌韓増加、ミラー効果?メディアの影響? 共同調査から読み解く日韓
嫌韓増加、ミラー効果?メディアの影響? 共同調査から読み解く日韓
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
Q&A
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く

人気

もっと見る