MENU CLOSE

エンタメ

18757

ドローン芸人、官邸事件にめげず奮闘中 「コントするより反応いい」

ドローンの首相官邸侵入事件で、一番とばっちりを受けたと言われている人がいます。ドローン芸人の谷プラスワンさんです。

ドローン芸人、谷プラスワンさん。愛機はParrot (パロット)社の「AR Drone(エーアールドローン)」と「Bebop Drone(ビーバップドローン)」
ドローン芸人、谷プラスワンさん。愛機はParrot (パロット)社の「AR Drone(エーアールドローン)」と「Bebop Drone(ビーバップドローン)」

目次

 小型無人飛行機(ドローン)の首相官邸侵入事件で、一番とばっちりを受けたと言われている人がいます。ドローン芸人の谷プラスワンさんです。ドローンに載せたあんパンやマシュマロを飛ばして、そのまま食べるという持ちネタで、ファンを増やしてきた矢先の事件。「ドローンを最も平和に使う男」に、ドローンへの思いを聞きました。

必殺マシュマロキャッチ

 谷プラスワンさんは、ワタナベエンターテインメント所属の芸人です。持ちネタは、ドローンのフリック(空中で一回転する機能)で、マシュマロやあんパンを飛ばし、直接、口でキャッチする芸です。日本でおそらく唯一のドローン芸人です。

 2002年にデビューした谷さん。元々はコントをしていましたが「ちょっとお笑いが苦手過ぎて・・・」という状況だったそうです。そこで、数年前からラジコンカーに注目。木槌をつけてダルマ落としをする芸を動画にアップしたところ、アクセスが急増しました。

 しかし、すぐに「ラジコンが足元にあると見えない」というクレームが。そこで、1年半ほど前から、ドローンを使い始めました。

IT機器にも詳しい谷プラスワンさん。先輩芸人から買い物のアドバイスを求められることも
IT機器にも詳しい谷プラスワンさん。先輩芸人から買い物のアドバイスを求められることも

ドローン自体に驚いてもらえる

 ドローン芸の醍醐味とは何か。「まず、ドローン自体で驚いてもらいます。完全に僕の実力ではありませんが…」と谷さん。さらに、何をするかわからないところで、いきなり空中で一回転し、さらに、口でキャッチするという場面展開へ。「たいていの人は頭の処理が追いつかず、圧巻されます」

 一度、見たら飽きられると思いきや、意外とリクエストも多いそうです。「どういう仕組みで一回転しているのか、気になるみたいです」

 お正月の特番やバラエティー番組にも出演し始めていた時に起きたのが、2015年4月の首相官邸ドローン侵入事件でした。

首相官邸の屋上にドローンが落下し、現場を調べる捜査員たち=2015年4月22日、首相官邸、長島一浩撮影
首相官邸の屋上にドローンが落下し、現場を調べる捜査員たち=2015年4月22日、首相官邸、長島一浩撮影 出典: 朝日新聞

「普通にライブ出てますよ」

 ドローンへの規制などのきっかけになった事件だっただけにツイッターでは「今回の一番の被害者ですね」というコメントをもらったそうです。とはいえ、仕事への影響はほとんどありませんでした。「普通にライブにも出ていますよ。自分のドローンは事件で使われたものと違って、おもちゃの延長ですから」

 谷さんは「みんなドローンの可能性を理解しているんじゃないでしょうか」と強調します。「車と同じように、使い方を間違えれば事件や事故は起こりますが、空撮だけでなく人命救助などにも役立つ可能性を秘めている。そう判断されたんだと思います」

「最新のテクノロジーをお笑いにいかしていきたい」と語る谷プラスワンさん。アップルウォッチもいち早く手に入れた
「最新のテクノロジーをお笑いにいかしていきたい」と語る谷プラスワンさん。アップルウォッチもいち早く手に入れた

 ちなみに谷さんは、万が一を考えてラジコン操縦士の資格を取得。さらに、保険会社に勤める知り合いに頼んでドローン保険を新たに作ってもらいました。第一人者として責任ある行動を心がけ、ドローンについての勉強会などにも積極的に顔を出しています。

万が一に備えてラジコン操縦士の資格と、ドローン保険にも加入
万が一に備えてラジコン操縦士の資格と、ドローン保険にも加入

ロスでつかんだ手応え

 「確実に、1人でコントやっているよりお客さんの反応がいい」というドローン芸。今後は海外のショーなどにも出てみたいそうです。

 「去年の10月、ロサンゼルスの路上でドローン芸を披露したんです。車いすの子どもが、ものすごい喜んでくれて。『センキュー』って言ってくれて。言葉が通じない異国の人も笑ってもらえる。そんな芸を磨いていきたいです」

パロット社の「ビーバップドローン」。ユーチューブの動画を見た同社から提供を受けたという最新型。「つけまつげ」で本番仕様に
パロット社の「ビーバップドローン」。ユーチューブの動画を見た同社から提供を受けたという最新型。「つけまつげ」で本番仕様に

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます