MENU CLOSE

お金と仕事

71973

スニーカーのロールスロイス復活へ M1300 3万5千円が争奪戦

「雲の上を歩いているような履き心地」「スニーカーのロールスロイス」。こう賞される靴が3月28日に復刻発売されます。

2015年版の「M1300」=ニューバランスジャパン提供
2015年版の「M1300」=ニューバランスジャパン提供

目次


 「雲の上を歩いているような履き心地」「スニーカーのロールスロイス」。こう賞される靴が3月28日に復刻発売されます。ニューバランスの「M1300」です。95、00、05、10年と5年おきに復刻され、今回が5回目。価格は税込み3万4560円と高額ですが、争奪戦は必至です。人気の秘密は、いったいどこにあるのでしょうか?

【写真特集】メーカーに眠っていた秘蔵画像 M1300の歴代モデル
歴代のM1300=ニューバランスジャパン提供
歴代のM1300=ニューバランスジャパン提供

1985年に39000円で発売


 M1300のオリジナルが発売されたのは1985年。ニューバランスのランニングシューズの最上級モデルに与えられる1000シリーズの初代にあたります。色は都会のアスファルトをイメージした「STEEL BLUE」と呼ばれるグレーで、今ではニューバランスを象徴する色として知られています。

 機能面では、衝撃吸収性に優れたEVA素材(合成樹脂発泡素材)を頑丈なポリウレタンに封入した「ENCAP(エンキャップ)」をソール部分に初採用。ファッション業界からも注目を集め、あまりの履き心地の良さから「雲の上を歩いているようだ」と業界人の間で評判になりました。また、当時アメリカで130ドル、日本で39000円という価格も、その名を世に知らしめる一因となりました。

レディースとキッズも初めて展開


 2月には、発売日や発売方法をめぐって誤った情報が流れ、販売元のニューバランスジャパンが否定するツイートを流す事態に。3月2日に発売日が正式発表されると、ツイッター上では「本当に欲しい」「3万円超えは高すぎる」といった声が上がりました。










 ファンの間では、復刻されるたびにロゴの形やステッチの丸みなど細かな点がオリジナルと比較されます。今回の特徴はシュータン(甲の部分)のラベル。英文で書かれた注意書きの段落のつけ方まで忠実に再現したそうです。ちなみに、オリジナルモデルのラベルには、AタイプとBタイプの2種類が存在していて、今回はBタイプを採用しています。

 一方、これまでと違う点は、初めてレディース(23.0cm~)とキッズ向け(17.0~21.5cm)が販売される点です。レディースの価格は税込み3万4560円と同じですが、キッズサイズは「Made in U.S.A. 」ではなく、ソールの素材も異なるため、税込み8424円と抑えられています。

左がレディース、中央がキッズ=ニューバランスジャパン提供
左がレディース、中央がキッズ=ニューバランスジャパン提供
【写真特集】メーカーに眠っていた秘蔵画像 M1300の歴代モデル


 取扱店舗や販売方法などは18日にホームページ上で発表される予定です。販売数は公表しないそうですが、過去の例からして行列や売り切れは必至とみられています。なぜ、ここまで人気なのか? その魅力についてニューバランスジャパンはこう説明します。

 「ニューバランスのこだわりを一言で表すなら『フィット』だと思います。解剖学的なアプローチからフィットする靴づくりにこだわった、その代表的なモデルが1300です。デザインも機能も30年前と同じままで受け入れられているのは、ニューバランスのフィロソフィー(哲学)が詰まっているからだと思います」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます