MENU CLOSE

感動

129560

「死なずに逃げろ」 いじめられてる君に告ぐ 劇作家・鴻上尚史

「あなたが今、いじめられているのなら、今日、学校に行かなくていいのです」

劇作家の鴻上尚史さん。メッセージがいまもネットで拡散し続ける
劇作家の鴻上尚史さん。メッセージがいまもネットで拡散し続ける

目次

 川崎市の中1男子(13)が殺され、同じグループだった18歳の少年ら3人が殺人容疑で逮捕されました。いまだに子どもたちの間で暴力やいじめがなくならない一方、スマートフォンの普及などで大人が問題に気づきにくくなっています。

 いじめられている子どもたちは、どう身を守ればいいのか--。そのヒントになりそうなメッセージがネットで拡散しています。

 メッセージは、劇作家の鴻上尚史さんが2006年に新聞紙上に書いたもの。10年近く前の文章ですが、ツイッターなどで再び拡散し、「学校でいじめられてるならぜひ読んで欲しい」「これで私も救われた」といった声が相次いでいます。

 以下が、鴻上さんのメッセージです。

劇作家の鴻上尚史さん=2004年7月撮影
劇作家の鴻上尚史さん=2004年7月撮影 出典: 朝日新聞

鴻上さんのメッセージ

 あなたが今、いじめられているのなら、今日、学校に行かなくていいのです。

 あなたに、まず、してほしいのは、学校から逃げることです。逃げて、逃げて、とことん逃げ続けることです。学校に行かない自分をせめる必要はありません。大人だって、会社がいやになったら、会社から逃げているのです。

 次にあなたにしてほしいのは、絶対に死なないことです。
 そのために、自分がどんなにひどくいじめられているか、周りにアピールしましょう。思い切って、「遺書」を書き、台所のテーブルにおいて、外出しましょう。学校に行かず、1日ブラブラして、大人に心配をかけましょう。そして、死にきれなかったと家にもどるのです。

 それでも、あなたの親があなたを無視するのなら、学校あてに送りましょう。あなたをいじめている人の名前と、あなたの名前を書いて送るのです。
 はずかしがることはありません。その学校から、ちゃんと逃げるために、「遺書」を送るのです。

 死んでも、安らぎはありません。死んでも、いじめたやつらは、絶対に反省しません。
 あなたは、「遺書」を書くことで、死なないで逃げるのです。

 だいじょうぶ。この世の中は、あなたが思うより、ずっと広いのです。
 あなたが安心して生活できる場所が、ぜったいにあります。それは、小さな村か南の島かもしれませんが、きっとあります。

 僕は、南の島でなんとか生きのびた小学生を何人も見てきました。
 どうか、勇気を持って逃げてください。

最近の鴻上尚史さん=2014年12月撮影
最近の鴻上尚史さん=2014年12月撮影 出典: 朝日新聞

※2006年11月17日 朝日新聞「いじめられてる君へ」から再掲

<鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)> 1958年、愛媛県生まれ。県立新居浜西高校卒。早大法学部在学中の81年に「第三舞台」を旗揚げし、小劇場ブームをリード。岸田国士戯曲賞など受賞。プロデュースユニット「KOKAMI@network」「虚構の劇団」などを中心に幅広く活動している。

この記事への反応






CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます