閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年01月13日

ホンダNSX復活 酷評されたデザイン、それでも中古で3千万円

  • 389920

新型NSX(上)と旧型。国産高級スポーツカーの象徴的存在だ

新型NSX(上)と旧型。国産高級スポーツカーの象徴的存在だ

出典: 朝日新聞


 ホンダのスポーツカー「NSX」が、10年ぶりに復活する。米ミシガン州デトロイトで12日に開幕した、北米国際自動車ショーで公開された。景気回復とガソリン価格下落で堅調な米市場でお披露目したのち、今年秋にも北米や中国、日本などで発売する。
 1990年前後のバブル経済を象徴する高級車として人気を集めた初代NSX。そのカリスマ的人気を甦らせることができるか注目される。

ひときわスパルタンな仕様のタイプR=ホンダ提供

ひときわスパルタンな仕様のタイプR=ホンダ提供

出典: 朝日新聞

 次期型NSXは近年、モーターショーのたびに各地でコンセプトモデルを披露。市販化のタイミングを探っていたが、メーン市場の北米で高級車の売れ行きが好調なことから、今年中の市販を決めた。
 新開発の直噴V6ツインターボエンジンをミッドシップに積み、3モーターでハイブリッド化。電動で4輪を駆動する。北米では現地の高級ブランド「アキュラ」から発売、現地価格は約15万ドルから。

12年のデトロイトショーで披露された、新型のデザインコンセプト=2012年1月9日

12年のデトロイトショーで披露された、新型のデザインコンセプト=2012年1月9日

出典: 朝日新聞

 初代NSXは、創業者・本田宗一郎氏肝いりのスーパースポーツとして、鳴り物入りで90年に発売。量産車初のオールアルミボディーに、3リッターV6エンジンをミッドに積んだ。初期型は軽量化のためにパワーステアリングも省くスパルタンぶりだった。
 「間違いだらけのクルマ選び」シリーズで知られた自動車評論家の故・徳大寺有恒さんも所有し、その性能を「世界一」と大絶賛。ただ、寸詰まりなショートノーズと間延びしたテールのデザインは賛否が分かれ、徳大寺さんは酷評していた。

栃木県警高速隊のNSXパトカー。その動力性能は速度違反取り締まりにも重宝した=2010年9月28日

栃木県警高速隊のNSXパトカー。その動力性能は速度違反取り締まりにも重宝した=2010年9月28日

出典: 朝日新聞

 当時はバブル景気のまっただ中。マクラーレン・ホンダが好成績を挙げていたF1がブームで、相乗効果でホンダのブランドイメージを向上させたが、環境保護の機運が高まる中、各国の排気ガス規制をクリアするのが難しくなり、2005年に生産を終えた。
 オールアルミのボディは腐敗や劣化がしにくく、中古車市場でも値崩れがしないことで有名。現在でも、二十数年落ちで300万円台を維持する個体が多い。さらに、92年と02年に限定発売された、サーキット走行を見据えた硬派仕様の「タイプR」はプレミアが付き、2千万~3千万円で取引されるケースもある。


あわせて読みたい

社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性

人気

もっと見る