MENU CLOSE

エンタメ

8989

森進一さん「紅白、あと3年で卒業したい」 高齢化に「世代交代を」

森進一さんが、出場50回を節目に紅白歌合戦を引退する気持ちを明かしました。「北島さんも50回で卒業した。あと3年で卒業したい」と、節目での紅白歌合戦からの引退を明言しました。

「紅白、あと3回で卒業したい」と明言した森進一さん。出場者の世代交代への訴えも
「紅白、あと3回で卒業したい」と明言した森進一さん。出場者の世代交代への訴えも

目次

 今年の紅白歌合戦で出場47回になる森進一さん(67)が、出場50回を節目に紅白歌合戦を引退する気持ちを明かしました。森さんはNHKホールでの音あわせに参加し「年上の女(ひと)」を熱唱。報道陣に「北島さんも50回で卒業した。あと3年で卒業したい」と、節目での紅白歌合戦からの引退を明言しました。

「みんな50回で卒業したほうがいい」

 森さんは「今年はあっという間だった。体調はバッチリです」と心身の充実ぶりをアピール。しかし、「出場者の4分の1が高齢者。みんな50回で卒業したほうがいい」と、出場者の世代交代の必要を訴えました。

 ただ、「出られる間は出る」と、50回までは出場する意気込み。歌手活動自体の引退は否定しました。

出場50回を節目に紅白歌合戦を引退する気持ちを明かした森進一さん=国島貴志撮影
出場50回を節目に紅白歌合戦を引退する気持ちを明かした森進一さん=国島貴志撮影

上京、ドラマを地でいくような別離

 森さんは、ふるさとの鹿児島市の中学校を卒業した後、大阪のすし店に就職しました。母子家庭で、森さんの乗った集団就職列車を、日雇いの母親が線路わきで見送るという、ドラマを地でいくような別離でした。「すし店を選んだのは腹いっぱいすしが食べられると思ったからです」と語っています。

NHKホールの舞台で紅白歌合戦の音あわせに臨む森進一さん=国島貴志撮影
NHKホールの舞台で紅白歌合戦の音あわせに臨む森進一さん=国島貴志撮影
29年前、郷里鹿児島市の中学校を卒業、大阪のすし店に就職した。母子家庭で、森の乗った集団就職列車を、日雇いの母親は線路わきで見送った。ドラマを地でいくような別離だった。「すし店を選んだのは腹いっぱいすしが食べられると思ったからです」
1991年12月9日:森進一さん(花もよう 芸能人国記:136):朝日新聞紙面から

しゃがれ声、実は悩みの種だった

 独特のしゃがれ声で有名な森さんですが、1965年にデビューした当初は、個性的な声に悩んだそうです。「歌手というのはきれいな澄んだ声の人というのが当たり前の時代でしたから」と語っています。テレビの公開歌謡番組で優勝したのがきっかけで歌手デビューを果たします。当時について森さんは「優勝できたのは、チャーリー石黒さん、スマイリー小原さん、浜口庫之助さんらジャズに慣れている人たちが審査員だったからでしょう。サッチモとかを聴いてるから、しゃがれ声にも抵抗がない」と回想しています。

デビュー当時の森進一さん
デビュー当時の森進一さん 出典: 朝日新聞
でも、レコード会社のディレクターは、こんな声じゃだめだという。ぼくも、もうやめたいっていったんです。郷里にいるおふくろと弟、妹の生活をみなくちゃいけないし、こんなことで時間をつぶしていられない、って。そしたら、ちょっと待て、と猪俣公章先生にレッスンしてもらうことになり、練習曲だったのが「女のためいき」。それがぼくのデビュー曲になりました。
1999年4月24日:しゃがれ声に苦労して 森進一(私の新人時代):朝日新聞紙面から

2005年には森昌子さんと離婚

 2005年3月には、森昌子さんと離婚しています。2人が婚約したのは1986年6月。昌子さんは1972年「せんせい」でデビュー。ともに演歌系のトップスターとして活躍していました。

森昌子さん=2012年11月28日
森昌子さん=2012年11月28日 出典: 朝日新聞
歌手の森進一さん(38)=本名・森内一寛=と森昌子さん(27)=同・森田昌子=の2人が8日、婚約を発表する。進一さんは「女のためいき」で、昌子さんは「せんせい」でデビュー。ともに演歌系のトップスターとして活躍している。今秋にも挙式の予定。
1986年6月8日:うわさの森進一さんと森昌子さんが婚約:朝日新聞紙面から

おふくろさん騒動

 代表曲「おふくろさん」を巡っては、原曲にない語りを加えたことで、作詞者の故・川内康範さんから歌唱を禁じられるという騒動に。2008年11月に和解し、「私の認識不足、配慮不足から事態を悪化させてしまった」と川内さんとファンに謝罪しました。

「おふくろさん」問題を乗り越え、握手する森進一さん(左)と飯沼春樹さん=2008年11月6日
「おふくろさん」問題を乗り越え、握手する森進一さん(左)と飯沼春樹さん=2008年11月6日 出典: 朝日新聞
会見には森さんと川内さんの息子の飯沼春樹さん(60)らが出席。歌えなかった間の心境について、森さんは「先生のお怒りで頭がいっぱいになり、パニックになっていた」と話し、「私の認識不足、配慮不足から事態を悪化させてしまった」と川内さんとファンに謝罪した。飯沼さんは弁護士で、森さんと川内さん側の仲介役も務めた。「川内も振り上げた拳を下ろせなかったのではないか。遺志をおもんぱかって私が封印を解く決断をした」
2008年11月6日:おふくろさん「これまで以上、心込める」 歌手・森進一さん、「解禁」で会見:朝日新聞紙面から

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます