MENU CLOSE

エンタメ

39154

年賀はがきのヒツジが、12年かけて仕上げた編み物

日本郵便が売り出した、2015年の年賀はがき。来年の干支であるヒツジの図柄に、ささやかなストーリーが隠されていました。

2015年年賀はがきの、マフラーを巻いたヒツジ
2015年年賀はがきの、マフラーを巻いたヒツジ 出典: 日本郵便

 日本郵便が売り出した、2015年の年賀はがき。
 来年の干支であるヒツジの図柄に、ささやかなストーリーが隠されていました。

【2015年】マフラー巻いたヒツジ

 日本郵便の年賀はがき通販ページを覗くと、ミッキーマウスやハローキティなど、人気キャラクターものに混じって、ウールと思われるマフラーを首に巻いている、ほほえましいヒツジのイラストがあります。

 ネット通販での商品番号は3。「無地(インクジェット紙)52円」。

2015年年賀はがきの、マフラーを巻いたヒツジ
2015年年賀はがきの、マフラーを巻いたヒツジ 出典: 日本郵便

 注釈には、「12年前の未年用の年賀はがきのデザインでは編みかけだったマフラーが完成しました」
 …とあります。

 え?12年前に編みかけだった??
 確かに右手には、編み物に使う棒針が…。

【2003年】ヒツジが手編みしてた

2003年年賀はがきの、編み物をしているヒツジ(当時の見本はがきから)
2003年年賀はがきの、編み物をしているヒツジ(当時の見本はがきから) 出典: 日本郵便

12年間編み続けてた?

 12年前の2003年の年賀はがき。確かに手編みしています。
 いったい12年もの間、誰を想いながら編んでいたのでしょう?

 単に自分のためだったのでしょうか。それとも、誰かのために編み始めたのか…。
 あれこれ、ドラマを想像してしまいます。

「過ぎ去った時間、あたたかく懐かしんで」

 日本郵便広報室によると、こういった、12年前の同じ干支の動物同士でストーリーがつながるデザインは、今回発売した、2015年のヒツジが初めてとのこと。
 
 今回も12年前も、デザインは同じデザイナーさんが担当したそうです。
 「このハガキをきっかけに、『そういえばあのころ(12年前)は…』と、過ぎ去った時間も温かく懐かしんでいただければ幸いです」と、12年越しでストーリーが完結するデザインの意図を話しています。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます