閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年10月20日

ジョブズは自分の子どもにiPhoneやiPadを使わせなかった

  • 292864

米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ(1955年2月24日-2011年10月5日)

米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ(1955年2月24日-2011年10月5日)

出典: ロイター


 米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ(2011年10月死去)は、自分の子どもたちにはiPhoneやiPadを使わせなかった――。米新聞大手ニューヨーク・タイムズが報じています。

2010年6月4日、iPhone4の発表会で=米サンフランシスコ

2010年6月4日、iPhone4の発表会で=米サンフランシスコ

出典:ロイター

 それによると、2010年後半のある時、ジョブズは同紙のニック・ビルトン記者に電話をかけ、彼が書いた記事を猛烈に批判。記事は発売されたばかりのiPadの欠点について書いたもので、ジョブズはその記事に間違いがあると主張したそうです。

 一通りのやりとりが終わった後、ビルトン記者がちょっとした「反撃」にでます。

 「じゃあ、あなたの子どもさんたちはiPadが好きなんでしょうね」

 ジョブズの答えは、驚くべきものでした。

 「いいや。まだ、使ってないよ。家庭では、子どもたちのハイテク使用を制限しているんだ」

 これを聞いて、ビルトン記者は「しばらく言葉が出てこなかった」と振り返っています。
 「てっきりジョブズ家は、ハイテクおたくの天国のようになっているとばかり思っていた。特大スクリーンの壁。iPadをタイルのように使ってできた食卓。そして、枕にお休みチョコを置くように、客にはiPodが渡される――。だから、ジョブズの答えは本当に意外だった」

2011年3月2日、「iPad2」を発表するジョブズ氏=米サンフランシスコ、山川一基撮影

2011年3月2日、「iPad2」を発表するジョブズ氏=米サンフランシスコ、山川一基撮影

出典: 朝日新聞

 それからビルトン記者が「子どもとハイテク機器」に注目して取材してみると、米国のハイテク企業やベンチャー企業の幹部の多くが、家庭ではジョブズと同じようなことをしていたことが分かったそう。

 ツイッター創設者の起業家エバン・ウィリアムズ、雑誌ワイアード前編集長のクリス・アンダーソン、フェイスブックのアドバイザーをしているアリ・パルトビ・・・。彼らやその妻は、自分の子どもがハイテク機器の画面を見る時間を厳しく制限し、翌日に学校がある晩はまったく使わせなかったり、週末でもアクセスできる時間を禁欲的に制限したりしているといいます。

子どもにハイテク機器を与える影響は?

子どもにハイテク機器を与える影響は?

出典:imasia

 小さな子どもが「ハイテク機器」に触れることの危険性とは、まず有害なコンテンツにさらされること。例えばポルノや他の子どもたちからのいじめなどです。そして最も怖いのは、こうした機器やネットの世界に依存する「中毒症状」に陥ってしまうことだそう。

 ジョブズには4人の子どもがいることが知られており、2人目の妻ローリーンとは3人の男女を育てています。では、ジョブズの子どもたちは、父親が作った機器を使う代わりに、どうしていたのでしょう?

 伝記「スティーブ・ジョブズ」を書き、ジョブズの自宅を何度も訪れていたウォルター・アイザックソンにビルトン記者が取材したところ、「スティーブは毎晩、台所の大きな、長いテーブルで食事をしながら、必ず本や昔のことやいろんなことについて子どもたちと話し合うようにしていた」といいます。

 「誰も、iPadやパソコンを持ち出すことはなかった。子どもたちが機器類に依存しているような感じは、まったくなかったね」

2007年1月9日、iPhone構想を発表するジョブズ=米サンフランシスコ

2007年1月9日、iPhone構想を発表するジョブズ=米サンフランシスコ

出典:ロイター

この記事の詳報はこちら(無料の会員登録で全文読めます)


あわせて読みたい

その公約、どの党でもやってほしい…政治との距離、大学生が熟議
その公約、どの党でもやってほしい…政治との距離、大学生が熟議
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
「不倫騒動、何とも馬鹿馬鹿しい」1通の投稿が生んだ熱い議論
「不倫騒動、何とも馬鹿馬鹿しい」1通の投稿が生んだ熱い議論
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
電通過労死「落とし所、用意されていた」元...
電通過労死「落とし所、用意されていた」元...
「校閲ガール」なりたての私 1年ぶりの復活ドラマを見て感じたこと
「校閲ガール」なりたての私 1年ぶりの復活ドラマを見て感じたこと
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
選挙の解散権「残酷な権利だなあ」 18歳タ...
選挙の解散権「残酷な権利だなあ」 18歳タ...
「妊娠中に運気が上がる説」は本当か?我が...
「妊娠中に運気が上がる説」は本当か?我が...
AV強要「一通の告発メール」アメとムチ 歓待後、社長と「練習」も
AV強要「一通の告発メール」アメとムチ 歓待後、社長と「練習」も
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
Q&A
家族の死、美談で終わらせないで…川に飛び込み犠牲に、遺族の違和感
家族の死、美談で終わらせないで…川に飛び込み犠牲に、遺族の違和感

人気

もっと見る