MENU CLOSE

IT・科学

19475

持ってるだけで発電・充電できる「AMPY」、米ベンチャーが開発

ポケットに入れたり、運動する時に身につけたりするだけで電力を生産し、スマホが充電できる小型発電機「AMPY」が米国で開発されました。

バッグやポケットに入れておくだけ、自転車で身につけるだけ
バッグやポケットに入れておくだけ、自転車で身につけるだけ 出典: Kickstarter

目次

「体力」を「電力」に変換

 「身につけて動くだけ」で電力を生産し、スマホの充電ができるスグレモノが米国で開発されました。小さくて持ち運びやすく、徒歩、ランニング、自転車、ダンスなどの様々な運動エネルギーを電力に変換します。

 この小型発電機の名前は「AMPY(アンピー)」。これをつけて30分走れば、スマホを3時間使える電力を生産できるそう。もちろん、通勤・通学時にポケットやバッグに入れておくだけでもOK。

 米のクラウドファンディングサイト「キックスターター」でAMPYを大量生産するための資金集めをしており、10月15日時点ですでに1500万円を超える資金調達に成功しています。

AMPYの使用gif画像
Kickstarter

 AMPYを開発したのは、テジャス・シャストリーさんら。大事なときにスマホの電池が切れてしまう、そんな状況をなくすために考え出したそうです。
 「人は自分のエネルギーを使いこなすのが大好きなんだ。運動の促進にもつながるよ」とシャストリーさん。

NU Venture Competitionで優勝した開発者のシャストリーさんら
NU Venture Competitionで優勝した開発者のシャストリーさんら 出典:AMPY: Power your devices from your motion by AMPY — Kickstarter

「100%クリーンなエネルギー」

 徒歩なら1万歩(1時間半くらい)、自転車だと1時間、走れば30分でスマホ3時間分が充電できます。USB接続なので、スマートウォッチやウェラブル系のフィットネス機器にも対応可能だそう。

 もともとの名前は「my Power」で、まさに“自家発電”。「100%クリーンなエネルギー」ということで、すでに環境関連の賞も獲得しているそうです。

1時間自転車に乗れば、スマホを3時間使えます
1時間自転車に乗れば、スマホを3時間使えます 出典:AMPY: Power your devices from your motion by AMPY — Kickstarter
モーションで充電する充電器、AMPY 出典: AMPY: Power your devices from your motion by AMPY — Kickstarter

この記事への反応






新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます