MENU CLOSE

エンタメ

494371

9月末に始まった朝の連続ドラマ小説「マッサン」。主人公エリーを演じるシャーロット・ケイト・フォックスさんってどんな人なんでしょう?

朝ドラ「マッサン」主演のシャーロット・ケイト・フォックスって誰?

「マッサン」主演のシャーロット・ケイト・フォックス
「マッサン」主演のシャーロット・ケイト・フォックス 出典: 朝日新聞

目次

アメリカで舞台を中心に活動

 シャーロット・ケイト・フォックスさんは米国出身の29歳。祖母はドラマの役柄と同じスコットランド出身だ。米で舞台を中心に活動し、ミュージカル「シカゴ」の地方公演で主演を務めたことも。
 オーディションを探していた時、この役に出会い最終オーディションで初来日した。「日本に来るのは冒険だった。でも結婚してまだ子どものいない今、挑戦しようと思った」。夫を米ノースカロライナに残した単身赴任だ。

祖母が役柄と同じスコットランド人で、両親は米国人。既に結婚しており、夫を米ノースカロライナに残した単身赴任となる。
&M「米無名女優がNHK朝ドラヒロイン」
朝ドラの主役をバトンタッチ。右から吉高由里子さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、玉山鉄二さん
朝ドラの主役をバトンタッチ。右から吉高由里子さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、玉山鉄二さん 出典: 朝日新聞デジタル9月18日「花子がエール、NHK朝ドラの主役交代」

日本語はゼロからのスタート

 日本語は初めて。セリフを吹き込んだテープや、英訳とローマ字表記の台本で頭にたたき込んだ。今ではインタビュー中も日本語交じりで答える。共演の玉山鉄二さんも「大阪弁でツッコミも入れる」と驚く。
 フォックスさんは「難しい局面に立った時、エリーのモデルになったリタさんのことを思います。彼女は困難をどう乗り越えていったのか。きっと、つらい時こそ笑って、どんどん前に進んでいく人だったと思います」と、境遇を重ねながら自らを励まし鼓舞するそう。

「最初の1カ月はセリフを覚えているか本当に本当に心配でした」
朝日新聞デジタル9月27日「日本、冒険だった シャーロット・ケイト・フォックス」
シャーロットは、「忍耐強くなったと思いますし、プロ意識も芽生えたつもりですし、寝不足でも仕事ができるようになりました(笑)。私にすべてを与えてくれました。この仕事をしたという経験を得ることで、これから先、どんなことも乗り越えられると思います」と話す
&W 『マッサン』の嫁 玉山は妻子に紹介済み
「マッサン」主演発表時の玉山鉄二さんとシャーロット・ケイト・フォックスさん
「マッサン」主演発表時の玉山鉄二さんとシャーロット・ケイト・フォックスさん 出典: 朝日新聞

 そのひたむきさは共演者たちの心もつかんでいるよう・・・。玉山さんは「彼女は本当に頑張り屋さん。不思議なくらい日本人らしい奥ゆかしさを持ち合わせていて、気配りができて、ピンチの時もユーモアセンスを忘れない、それどこで覚えてきたの?と思うような日本語で笑わせてくれる。一緒にいて本当に心地いいです。でも、僕には妻がいるので、これ以上はちょっと、言葉にできません(笑)」。

好物はぎょうざ

 好物はぎょうざ。京都での撮影で食べて以来、仕事の励みにするほど好きになったそう。

 陰で共演者とぎょうざに支えられ、「エリー」は泉ピン子さん演じるしゅうとめからの仕打ちに耐えていけるのか――。ウヰスキー開発のゆくえとともに、注目です。

関連記事

新着記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます