MENU CLOSE

IT・科学

9008

東京ゲームショウ この「バーチャルリアリティー」がスゴイ

東京ゲームショウが18日、幕張メッセで開幕しました。最新のトレンド「バーチャルリアリティー(仮想現実)」の展示も盛り沢山。初日2日間はビジネス向けですが、20、21日には一般公開され、実際に体験できます。

最新のゲームが盛りだくさんの東京ゲームショウ
最新のゲームが盛りだくさんの東京ゲームショウ

目次

東京ゲームショウが18日、幕張メッセで開幕しました。最新のトレンド「バーチャルリアリティー(仮想現実)」の展示も盛り沢山。初日2日間はビジネス向けですが、20、21日には一般公開され、誰でも実際に体験できます。





プレステの「格ゲー」バーチャルリアリティー

ソニーのプレイステーション4専用バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレー「プロジェクト・モーフィアス」。仮想現実の世界で、両手に武器を持ち、モンスターと闘う。第3ホール、ソニー・コンピュータエンタテインメントブースに展示されている。

ソニーの「プロジェクト・モーフィアス」
ソニーの「プロジェクト・モーフィアス」
「プロジェクト・モーフィアス」の取り付け方。目の前を覆うのは他のヘッドマウントディスプレーと同じ。高精細のゲーム世界が目の前いっぱいに広がる。
「プロジェクト・モーフィアス」の取り付け方。目の前を覆うのは他のヘッドマウントディスプレーと同じ。高精細のゲーム世界が目の前いっぱいに広がる。
プロジェクト・モーフィアスで遊ぶ格闘ゲーム。剣やクロスボウなどを手に、目の前に出現したモンスターと闘う。没入感は逸品だ。
プロジェクト・モーフィアスで遊ぶ格闘ゲーム。剣やクロスボウなどを手に、目の前に出現したモンスターと闘う。没入感は逸品だ。

元祖オキュラス・リフト 行列してでも味わいたい

バーチャルリアリティーの代名詞「オキュラス・リフト」も展示。体験コーナーはこの行列。第6ホール「Oculus VR」のコーナーにある。

「オキュラス・リフト」の展示コーナー
「オキュラス・リフト」の展示コーナー
バーチャルリアリティーの威力を知らしめたオキュラス・リフト。デモでは、ゲームの操作はコントローラーを使っている。
バーチャルリアリティーの威力を知らしめたオキュラス・リフト。デモでは、ゲームの操作はコントローラーを使っている。

スマホで簡単、サムスンギアVR

スマートフォンを利用するユニークなアイデアで注目されるサムスン電子のサムスンギアVR。簡易な作りでバーチャルリアリティーを楽しめる。展示は第2ホールのサムスン電子ジャパンのコーナー。

サムスン電子のサムスンギアVR
サムスン電子のサムスンギアVR
サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート4」(左)を、専用のゴーグルに取り付けるだけ。
サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート4」(左)を、専用のゴーグルに取り付けるだけ。
こんな感じに取り付ける。あとはカバーをして、ヘッドホンをつければ、十分に迫力のあるバーチャルリアリティーが楽しめる。
こんな感じに取り付ける。あとはカバーをして、ヘッドホンをつければ、十分に迫力のあるバーチャルリアリティーが楽しめる。

飛んだり歩いたり、「肉体派」も登場

もう一つの注目が「Cyberith Virtualizer」。オキュラス・リフトを装着してプレート上を靴下で歩くと、それを感知して、バーチャルリアリティーのゲーム世界を自在に歩いたりジャンプしたりできる。これからのゲームは「肉体派」が活躍することになるかも。第7ホールで展示。

「Cyberith Virtualizer」の体験コーナー
「Cyberith Virtualizer」の体験コーナー

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます