閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年03月10日

消しゴムはんこでお釈迦様 彫りながら法話、クセになる癒やし感

  • 2026

消しゴムはんこに彫ったお釈迦様

消しゴムはんこに彫ったお釈迦様

 「消しゴムはんこ」にお釈迦様を彫りながら、仏教の法話を聞く――。そんなユニークなワークショップが全国各地で開かれています。3月7日には、書籍「消しゴム仏はんこ。」も発売。ワークショップを手がけているのは、お寺のお坊さんと消しゴムはんこ作家という、異色のコンビ「諸行無常ズ」です。


「諸行無常ズ」の津久井さん(左)と麻田さん。小野田 陽一撮影

「諸行無常ズ」の津久井さん(左)と麻田さん。小野田 陽一撮影

東日本大震災きっかけ 異色のコンビ結成

 「諸行無常ズ」を組むのは、極楽寺(新潟県小千谷市)の僧侶・麻田弘潤(こうじゅん)さんと、静岡県熱海市在住の消しゴムはんこ作家・津久井智子さんの二人です。

 東日本大震災後、被災地にボランティアに入っていた麻田さんは、物資を配ったり片付けをしたりといった活動の合間、趣味の消しゴムはんこを作って被災者に喜ばれていました。手元に夢中になっていると、向かいに座った女性がポツリと「実は津波からギリギリで逃げたんだ」と話し始めたそうです。

 麻田さんは「お坊さんとして聞こうと思っていたら聞けなかった悩みが、すらりと出てきた。消しゴムはんこって、肩ひじ張らずにコミュニケーションをとれる力があるかも」と感じたそうです。

極楽寺の僧侶・麻田さん。お寺ではイベントや講演会がさかんに開かれています

極楽寺の僧侶・麻田さん。お寺ではイベントや講演会がさかんに開かれています

 消しゴムはんこ教室や個展を開いたり、オーダーメイドのはんこを作ったりして活動していた津久井さんも、同じように被災地で支援にあたっていました。2人は東北で知り合い、何度かボランティアでワークショップを開催。そこで麻田さんは、法話と消しゴムはんこを組み合わせたワークショップができないか、提案したそうです。

 津久井さんは「消しゴムはんこだけでもマイナーなのに、さらに仏教? ニーズがあるかな…」と半信半疑でしたが、麻田さんが「津久井さんのプロのはんこがあれば、もっと伝わる」と説得。普段から仏教モチーフのはんこを作るなど親しみもあったことから、「諸行無常ズ」を結成することになりました。

オーダーメイドではんこを作ったり、各地でワークショップ・個展を開いたりする津久井さん。愛猫「うめ・ゆず」も人気者です

オーダーメイドではんこを作ったり、各地でワークショップ・個展を開いたりする津久井さん。愛猫「うめ・ゆず」も人気者です

全国各地のワークショップ 女性に盛況

 いざワークショップを開いてみると、お寺からの開催依頼もたくさんあり、すぐに満席になってしまう回も。これまでに北海道から九州にかけて、全国各地で約30回開催。参加者は、20~30代の女性がメインですが、ときには子どもからおじいちゃんまで、幅広く集まることもあります。
 
 津久井さんは「意外に反響が大きくてびっくりしました」と話します。

出来上がったはんこを押して、みんなで記念撮影

出来上がったはんこを押して、みんなで記念撮影

 2月12日に東京で開かれた「ものことひと市」のワークショップでは、参加者全員が女性。津久井さんがお手本を見せつつ、消しゴムにお釈迦様を彫っていきます。

 「王子の身分を持っていたお釈迦様ですが、ぼろぼろの服を着た老人に出会って、考え方を変えていきます」

 時々、彫る手を休めて、麻田さんの穏やかな語り口の法話に耳を傾けます。津久井さんも「仏様の髪の毛、螺髪(らほつ)は、シャーペンで穴を開けると楽なんですよ~」と、和やかに説明していきます。二人のほんわかした雰囲気に、なんとも癒やされます。

 これまでのワークショップの参加者からは、「法話を聞いて心が落ち着いた」「仏教やお寺って、自分が思っているよりも近寄りやすい場所だと感じた」といった感想が寄せられているそうです。

お釈迦さまを消しゴムに彫っていく

お釈迦さまを消しゴムに彫っていく

出典: 諸行無常ズの本「消しゴム仏はんこ。」

ものひとこと市でのワークショップ。津久井さんが彫り方を丁寧に教えます

ものひとこと市でのワークショップ。津久井さんが彫り方を丁寧に教えます

「気軽に楽しんで」 12日に出版イベント

 3月7日には、諸行無常ズの著書「消しゴム仏はんこ。」が誠文堂新光社から出版されました。同社の編集者は「弊社から出した仏像の本が大ヒットして、仏教への関心が高まってるなぁと感じました。『消しゴムはんこ』という気軽さと、仏教が合わさったところがいいな、と思って声をかけました」と言います。

 本では、「如来」「菩薩」といった仏像や「極楽の鳥」など、仏教モチーフのはんこの絵柄を紹介したり、ためになる仏教の教えが掲載されていたり。初心者にも手にとってもらいやすいよう工夫されています。


諸行無常ズ『 消しゴム仏はんこ。』(誠文堂新光社)

本では、彫り方も丁寧に紹介しています

本では、彫り方も丁寧に紹介しています

出典: 誠文堂新光社提供

 3月12日18時から、築地本願寺で出版記念イベントが開催されるそうです。「諸行無常ズ」による、消しゴムはんこのライブパフォーマンスや、サイン会、有料ワークショップもあります。

 津久井さんは「仏教は、『生きていくためのコツ』を学べる哲学みたいなもの。消しゴムはんこでも、仏教でも、興味のある方を入り口に、気軽に楽しんでください」と話しています。


千手観音・阿弥陀如来…消しゴムはんこで描く世界
前へ
諸行無常ズの作品「千手観音坐像2014」
次へ
1/7
前へ
次へ

あわせて読みたい

DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少な...
DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少な...
稚内でケーキ2400個誤発注…2時間で完売 常連の支えと従業員に感謝
稚内でケーキ2400個誤発注…2時間で完売 常連の支えと従業員に感謝
「e-Tax」税控除…IE限定マジか!暗証番号?...
「e-Tax」税控除…IE限定マジか!暗証番号?...
本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁
本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁
東京ガス「火ぐまのパッチョ」、会社案内で「大人の恋」を演じた理由
東京ガス「火ぐまのパッチョ」、会社案内で「大人の恋」を演じた理由
息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格! 娘が語る母への感謝
息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格! 娘が語る母への感謝
「痛い」「疲れる」 それでも就活はヒールだらけ、女子大生の本音は
「痛い」「疲れる」 それでも就活はヒールだらけ、女子大生の本音は
記憶になければウソじゃない? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
記憶になければウソじゃない? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
自動ドア、反応しない理由は?
自動ドア、反応しない理由は?
Q&A
首相「不愉快」と逆上、重鎮は即会見 あの...
首相「不愉快」と逆上、重鎮は即会見 あの...
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR

人気

もっと見る