MENU CLOSE

連載

#41 イーハトーブの空を見上げて

白鵬からも愛される羊飼い「モンゴルとの橋渡しを」岩手の草原で放牧

岩手山の山麓で羊の放牧をするムンフバットさん
岩手山の山麓で羊の放牧をするムンフバットさん
「イーハトヴは一つの地名である」「ドリームランドとしての日本岩手県である」。詩人・宮沢賢治が愛し、独自の信仰や北方文化、民俗芸能が根強く残る岩手の日常を、朝日新聞の三浦英之記者が描きます。
イーハトーブの空を見上げて

地域の人に支えられながら…

ピュルル~。

岩手県滝沢市の岩手山のふもとに広がる草原に、涼やかな風に混じって羊飼いの口笛が響く。

モンゴル人のラオグジャブ・ムンフバットさん(36)は、地域の人に支えられながら羊の牧場経営を続ける。

モンゴルの首都ウランバートルから西に約1千キロ離れた草原で、遊牧民の子として生まれた。

季節が変わる度にゲル(家)を移動し、馬に乗って水をくみに行ったり、草原で羊や牛を育てたり。

「小さいころは馬よりも自転車に憧れて。祖父と市場に行き、カシミヤの毛と自転車を物々交換してもらいました」
 
小学4年生からはウランバートルに引っ越し、勉強に励んだ。

モンゴル相撲でウランバートルのチャンピオンになって、教師たちからは「横綱」と呼ばれた。

岩手大に留学、日本とモンゴルの橋渡し役に…

中学生の時、ソニーの創業者の一人、故・盛田昭夫氏の著作を読み、優れた製品を作り出す日本の技術に憧れた。

高校では日本語を学び、2009年、奨学金を得て岩手大人文社会科学部に留学した。

在学中の4年間、モンゴルの文化を日本に伝える活動を続けた。11年には東日本大震災が起き、モンゴルからの支援物資を被災地に届けた。

日本とモンゴルの橋渡し役になりたいと、卒業後の13年には滝沢市の入浴施設の敷地内に「滝沢モンゴル村」をオープン。

ゲルに泊まってモンゴル料理を味わえると好評だったが、入浴施設が16年に閉鎖されてしまい、モンゴル村も廃業に追い込まれた。

アルバイトで食いつなぐ日々。そんなある日、宴席でモンゴルの羊肉料理が話題にのぼり、「羊の放牧をやってみないか」と誘われた。

「ああ、それならできると思った。羊肉はモンゴルでは外せない食材。僕の離乳食も羊のスープだったから」

愛される実直な人柄、元横綱白鵬からも信頼

18年に土地8ヘクタールを借り、羊8頭で放牧を開始。

今、土地は15ヘクタールに広がり、羊は約120頭までに増えた。

経営は順調だ。地域の商工会青年部の副部長も任され、若きリーダーとして期待を集める。

実直な人柄が愛され、同郷の元横綱白鵬からの信頼も厚い。

「まずは羊を1千頭に増やしたい。1千頭になるとモンゴルの大統領から賞状がもらえるんです」

夢はどんどん広がっていく。

「岩手では色々な人に助けてもらった。牧場を成功させ、いつかこの地に、モンゴルの文化を紹介する施設をつくりたいんです」

(2022年8月取材)

三浦英之:2000年に朝日新聞に入社後、宮城・南三陸駐在や福島・南相馬支局員として東日本大震災の取材を続ける。
書籍『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』で開高健ノンフィクション賞、『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』で小学館ノンフィクション大賞、『太陽の子 日本がアフリカに置き去りにした秘密』で山本美香記念国際ジャーナリスト賞と新潮ドキュメント賞を受賞。
withnewsの連載「帰れない村(https://withnews.jp/articles/series/90/1)」 では2021 LINEジャーナリズム賞を受賞した
 

「イーハトヴは一つの地名である」「ドリームランドとしての日本岩手県である」。詩人・宮沢賢治が愛し、独自の信仰や北方文化、民俗芸能が根強く残る岩手の日常を、朝日新聞の三浦英之記者が描きます。

連載 イーハトーブの空を見上げて

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます