MENU CLOSE

ネットの話題

「親指だけの靴下」に助けられた人、続々 6割が「穴あき経験あり」

変形爪や巻き爪にやさしい

「Twtterでバズって累計20万個売り上げた」話題の「親指サック」
「Twtterでバズって累計20万個売り上げた」話題の「親指サック」 出典: Tabio提供

目次

この冬、タイツを2足ダメにしました。いずれも破れたのは、親指の爪先です。そんな筆者のもとへ編集部のメンバーから情報提供が。なんと、SNSで「親指だけの靴下」が話題になっていたというのです。それも「年間20個くらいしか売れなかったのに、Twtterでバズって累計20万個売り上げた」とか。一体どんな商品で、なぜ生まれたのでしょうか?

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ

「年間20個」から「累計20万個売り上げ」に

「親指だけの靴下」は、靴下専門店を展開するTabio(タビオ/大阪市浪速区)が開発した「親指サック」です。

「親指サック」を着用してタイツや靴下を履くことで爪が直接当たらず、穴が開きにくくなるといいます。

たびたびSNSの公式アカウントで紹介され、「ほしい!」「爪先に穴が開くことが多いので助かる」などと多くの反響が寄せられていました。

2023年6月のX(旧Twitter)の投稿では、会長発案の商品であることが明かされています。

お客様「親指だけ破れる!」
会長「ほな、親指だけの靴下作ってあげなさい!」
社員「え〜・・・(そんな単純な)」
社員「完成したけど、どうやって売っていいかわからんわ。」
私「SNSで紹介するっす」
お客様「めっっちゃ便利ー!!!破れない!!」
私「めっちゃ売れます。」
社員「うそん」
Tabio 靴下屋(@Tabio_JP)のXより
話題の「親指サック」
話題の「親指サック」 出典: Tabio提供

2023年11月の投稿では、SNSの効果をつづっていました。

会長が靴下が破れてしまうお客様からの要望を聞いて、商品部に作らせて、出来たものの、年間20個くらいしか売れなかったのに、Twtterでバズって累計20万個売り上げた、タイツや靴下の破れを防ぐ親指だけの靴下はこれです。
Tabio 靴下屋(@Tabio_JP)のXより
話題の「親指サック」
話題の「親指サック」 出典: Tabio提供

60%が「穴あきの経験」

広報担当者によると、2019年7月頃に社外の男女各20人ほどにヒアリングした際、「男女共に60%の人が穴あきの経験がある」ことが分かったそうです。

ユーザーの困りごとをもとに開発された「親指サック」は現在、メンズ・レディースサイズでそれぞれ黒とベージュの2色が発売されています。2015年の発売当初はメンズのみでしたが、2021年からレディースを販売しました。

レディースサイズを開発したきっかけについて、広報担当者は次のように話します。

「ヒアリングした女性の一人は、家を出て最寄りの駅に着くまでにストッキングが破れていました。既存の男性用親指サックを女性足サイズに修正したものを制作し、履いていただいたところ、2週間経ってもストッキングが1足も破れなかったことから効果を確認しました」

2021年7月、公式アカウントで商品について投稿すると多くの反響が寄せられ、月2000足を売り上げたといいます。

テレビや新聞、WEBメディアなどで紹介されたこともあって、生産が追いつかなくなったそうです。

2022年2月に売上の想定を20倍超えたこともあり、生産を拡大。1足売りから2足セット売り(税込み550円)にし、ベージュを追加して2色展開にしたといいます。

話題の「親指サック」
話題の「親指サック」 出典: Tabio提供

「穴あき対策」のほかにも…

開発時は「きつくも緩くもなく、いろんな指に合うように調整するのが大変だった」という「親指サック」。

性別を問わず、変形爪や巻き爪の人、スポーツをする人やたくさん歩く人、立ち仕事をする人などにニーズがあるそうです。

商品への口コミでは、「穴あき対策ではなく、はがれかけの爪を保護するために使っている」「親指の爪が靴に当たって歩くたびに痛かったが、親指サックがクッションになって痛みが和らいだ」といったコメントもありました。

広報担当者によると、親指サックのオススメの履き方は、「ストッキングなど破れやすい薄手のソックスの中に履いたり、靴の中で爪が当たるなど気になったりした時に履く」ことだといいます。

今後、夏に向けて、メンズ用に「親指サック」と「トングソックス」(サンダルの靴ずれ防止用などに親指と中指部分だけを通すソックス)がかけ合わさった商品を発売する予定だそうです。

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます