MENU CLOSE

ネットの話題

農園のベリーをウサギがもぐもぐ…食害? 実は「ありがたい」ワケ

お手伝いをしてくれるウサギさん、いつもありがとう!

ブルーベリーの実を食べるエゾユキウサギ
ブルーベリーの実を食べるエゾユキウサギ 出典: びえいハスカップファームのSNSより

目次

野生のウサギが、農園のブルーベリーをもぐもぐ食べる動画がSNSで話題になりました。一見、食害に見えますが、農園にとっては「とてもありがたいこと」なのだそう。どういうことなのでしょうか。農園の担当者に聞きました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ

食べるのは商品にできない実

8月の初めにSNSに投稿された、野ウサギがブルーベリーを食べる動画。もぐもぐと食べている姿がとても愛らしく、4万以上もの「いいね」が付いています。

動画を投稿したのは、北海道美瑛町の「びえいハスカップファーム」です。ハスカップとブルーベリーの生産、加工、販売をしています。

動画のウサギは野生のエゾユキウサギで、農園内に数羽すみついているそうです。基本的にウサギは昼間は寝ているので、撮影できるのはレアだといいます。

草やタンポポを食べるのと同じように、ブルーベリーやハスカップも食べるそうですが、なぜ、商品を食べられてしまうのが「ありがたいこと」なのでしょうか。農園側からすると、困りごとではないのでしょうか。

担当者は「ウサギが食べている実は、木の下の方にあり、雨水の跳ね返りで汚れるので普段から収穫していません」と話します。

肉や魚でも廃棄する部位があるように、果樹でも商品にできない実があります。農園では、それが木の下の方になるブルーベリーで、ちょうどウサギが食べられる位置にあったということです。

収穫せず放置したらリスクも

下の方につく実は収穫せずに放置しますが、そのままではもちろん腐っていきます。

腐りかけた実が発する匂いはスズメバチが好むそうで、大量に飛来することもあり危険もあったといいます。

また、腐った実には虫がわいて、その虫を食べる虫や鳥が増えたり、樹木本体に虫がついたりもします。

ほかにもカビが生えるリスクもあり、できれば実はすべて収穫したいといいますが、人手が足りず難しいそうです。

商品にならない実を食べてくれるエゾユキウサギ
商品にならない実を食べてくれるエゾユキウサギ 出典: びえいハスカップファームのSNSより

つまり、農園にとってはウサギたちが収穫の「お手伝い」をしてくれている状況。

びえいハスカップファームのSNSには、「今年もブルーベリーを食べて、お手伝いをしてくれるうさぎさん。小さくてかわいい従業員さん、いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えていました。

今年は北海道も例年にないくらい暑い日が続き、いつもよりブルーベリーが傷んで落ちやすく、本当に助かっているそうです。

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます