MENU CLOSE

ネットの話題

駅で落とし物を届けたら… 小田急電鉄の「ありがとうカード」が素敵

「THANK YOUカード」と呼ばれる取り組みについて取材しました

話題の「THANK YOUカード」。デザインは2種類あります
話題の「THANK YOUカード」。デザインは2種類あります 出典: 小田急電鉄提供

目次

 小田急電鉄の駅係員に落とし物を届けたら、「ありがとう」と書かれたカードをもらった――。先日、そんなツイートが注目を集めました。「THANK YOUカード」と呼ばれる取り組みについて取材しました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
小田急電鉄の5000形
小田急電鉄の5000形 出典: 小田急電鉄提供

デザインは2種類


 小田急電鉄の駅係員からもらえるというTHANK YOUカード。

 車内や駅構内で見つけた落とし物を届けたり、急病人の看護をしたりすると手渡されるものです。

 デザインは2種類あって、駅名標をモチーフにしたものと、「THANK YOU」の文字が記されたシンプルなもの。

 駅名標風のものには、前駅にあたる部分に「小田急」、次駅にあたる部分に「お客さま」と記されていて、それを結ぶ中心部分には大きく「ありがとう」と書かれています。

 駅番号は「OER39」。小田急電鉄のOdakyu Electric Railwayと、39=サンキューの組み合わせです。

 いずれのカードも裏面には、協力に対する感謝の言葉が書かれていて、担当した駅員がハンコを押す欄もあります。

デザインは2種類で、こちらは駅名標をモチーフにしたもの
デザインは2種類で、こちらは駅名標をモチーフにしたもの 出典: 小田急電鉄提供
デザインは2種類で、こちらは「THANK YOU」の文字が記されたシンプルなもの
デザインは2種類で、こちらは「THANK YOU」の文字が記されたシンプルなもの 出典: 小田急電鉄提供

2016年3月からの取り組み


 小田急電鉄広報部の谷内裕理さんによると、THANK YOUカードを渡すようになったのは2016年3月から。

 遺失物の届けや急病人の看護などに対する感謝の気持ちを伝えようと始めたといいます。

 駅係員は新旧2種類のカードを持ち歩いていて、どちらを渡してもよいことにしているそうです。

 ただし、ホーム等で列車やお客さんの安全確認中などを優先している際は渡せない場合もあり、必ずもらえるわけではないようです。

 話題になったことについて、谷内さんはこう話します。

 「感謝の意をお伝えすることを目的としており、結果としてお客さまにお喜びいただけていることは私たちとしても嬉しく思います」

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます