MENU CLOSE

ネットの話題

高さ1m「あべのハルカスサンド」 食品サンプルの技術を結集し制作

製作の経緯を取材しました

「あべのハルカスサンド」を紹介する看板
「あべのハルカスサンド」を紹介する看板 出典: いわさきのツイッター

目次

 1月10日まで大阪で開かれている食品サンプル作品展「おいしさのアート展」。会場となっているあべのハルカス近鉄本店の別フロアには、高さ1mもある食品サンプル「あべのハルカスサンド」が設置されています。製作の経緯を取材しました。

◆鍛えすぎは禁物?!スポーツ科学が解き明かす効率的なトレーニング法(PR)◆
これが「あべのハルカスサンド」
これが「あべのハルカスサンド」 出典: いわさき提供

開催中の「おいしさのアート展」


 1月10日まで開催されている「おいしさのアート展」。

 大阪のいわさき、東京の岩崎(イワサキ・ビーアイ)、岐阜の岩崎模型製造のグループ3社が合同で企画した作品展です。

 いわさきグループ各社では、技術向上や新技術の開発を目的に、50年以上にわたり各社で製作コンクールを実施。

 コンクールは、普段は飲食店のオーダーに忠実なものづくりを目指している職人たちが「つくりたいものをつくる」場で、リアルなものからユニークなものまで幅広く出品されます。

 その中からえりすぐりの約70点を展示したのが、今回の作品展です。

別フロアにある「あべのハルカスサンド」


 作品展の会場はウイング館9階ですが、同じウイング館の3.5階にも食品サンプルの作品が2018年10月から常設されています。

 あべのハルカスを1/300スケールで再現した「あべのハルカスサンド」です。

 食品サンプルらしく、サンドイッチを積み重ねてあべのハルカスを再現。

 高さは約1mありますが、各階ごとに具材を使い分け、大阪名物「たこ焼き」も挟み込むなど、遊び心が満載です。

 手がけたのは大阪のいわさき。

 近鉄百貨店の担当者から「食品サンプルで海外のお客様に楽しんてもらえるオブジェはできないか?」と声をかけられたのがきっかけだったといいます。

訪日外国人が多く訪れるフロアに


 設置されているウイング館3.5階には「海外お客さまサロン」があり、免税手続きなどができます。

 訪日外国人が多く訪れるフロアに、日本のカルチャーが感じられて楽しんでもらえるものを、ということでこの作品を企画したそうです。

 本物であるビルの設計図を借りてデザインを決め、いわさき大阪製作工場の総力を結集し、各段の具材を分担して作り上げたといいます。

 「コロナ禍で海外のお客様が減りましたが、また回復していけば、楽しんでいただけるかと期待しております。10日までの『おいしさのアート展』もぜひお楽しみください」といわさきの担当者。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます