MENU CLOSE

連載

#76 夜廻り猫

「怒鳴るのも不機嫌なのも暴力だよ」父へ言い切った マンガ夜廻り猫

怒鳴ったり、機嫌が悪くなったりする父のもとで育った女性が、憤慨しながら荷造りをしていた理由は…
怒鳴ったり、機嫌が悪くなったりする父のもとで育った女性が、憤慨しながら荷造りをしていた理由は… 出典: 夜廻り猫

目次

「定年後に捨てられる夫が増えてるって」。そんなテーマのテレビ番組を見ながら父に話しかけると、まったくの他人事のようで……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、ツイッターで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、実家で暮らしていた娘のエピソードです。

◆鍛えすぎは禁物?!スポーツ科学が解き明かす効率的なトレーニング法(PR)◆

娘が伝えた「お父さんは暴力男だよ」

きょうも夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵。ひとり段ボールに洋服を詰めている女性の心の涙の匂いに気づきました。

わけを尋ねると、女性は「うちの父って、昔から怒鳴る人でさ」と子どもの頃を思い返します。

友達が来ていても、家庭訪問で先生が来ていても、「いつまでしゃべってる!」と怒鳴る。母と楽しそうにしていると急に不機嫌になる……。

リビングにいたその日の夜は、テレビで「定年後に捨てられる夫が増えている」というテーマの番組が流れていました。

父は「そういうやつは好き勝手してんだよ DV(家庭内暴力)とか」と言い捨てます。

あまりに他人事のようすに、女性は「お父さん、怒鳴るのは暴力だよ。不機嫌も、証拠が残らない暴力。それを子どもに見せるのも暴力。お父さんは立派な暴力男だよ」。たまりにたまった思いを伝えました。

突然のことに言い返せない父を前に、女性は「お母さんの味方しなきゃと思ってたけど、家を出るわ」と宣言します。

荷造りをしながら「絶対結婚しない!」と怒る女性に、遠藤は話を聞きながら「温和、優しい人もけっこういますぞ」と声をかけるのでした。

「暴力的な甘え方」はしない

作者の深谷さんは「〝実は〟孤独なお父さん、という立場の人について見聞きすることがあります」と話します。

同居する家族が、お父さんの出張や単身赴任を待望している…

お父さんが帰ってくるとリビングに人がいなくなる…

子どもが家を出て、定年後の夫婦ふたり暮らしはケンカばかり……などなど。

「気の毒なようですが、お父さんが『家族に嫌われるようなことをやらかし続けている』ことも少なくないようです」と指摘します。

「家族だからと、怒鳴ったり物に当たったり、不機嫌になったりといった『暴力的な甘え方』はしないでほしいです。相手の話も聞いて、ありがとう・ごめんなさいをちゃんと言いさえすれば、楽しく暮らせると思いますよ」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本9巻(講談社)を2022年11月22日に発売。講談社「モアイ」で月・金曜夜に「夜廻り猫」を、講談社「コクリコ」で木曜に夜廻り猫スピンオフ「居酒屋ワカル」を連載中。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます