MENU CLOSE

連載

#22 特別じゃない日

コーヒーに挑戦した女子高校生 祖父が見せたさりげなくて優しい行動

 

漫画「コーヒー」の一場面。初めて飲んだコーヒーに顔をしかめる孫を見て祖父は…
漫画「コーヒー」の一場面。初めて飲んだコーヒーに顔をしかめる孫を見て祖父は… 出典: 稲空穂さん提供

目次

 「特別じゃない日」をテーマにした単行本が発売された漫画家・稲空穂さん。ツイッターで発表して注目を集めた漫画「コーヒー」に込めた思いを聞きました。

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆
漫画「コーヒー」
漫画「コーヒー」 出典: 稲空穂さん提供

漫画のあらすじ


 「私もそろそろ慣れとかないとなーって。友達と出かけたときみんなフツーに飲んでるからさあ」

 祖父母に頼んでコーヒーを淹れてもらい、初めて飲んだ女子高校生。

 その苦みに思わず顔をしかめます。

 すると祖父は、黙って冷蔵庫から牛乳を取り出し、自分のコーヒーに牛乳と砂糖をたっぷりとそそぎます。

 孫娘「おじーちゃん、めっちゃ砂糖入れるんだね!」

 祖父「こっちのほうがうまい」

 孫娘「私もそうしよっかな~」

 孫娘がごきげんで帰った後、祖母が祖父に笑って問いかけます。

 「お砂糖とミルク入ったのはどうだった?」

 「……いつものでいい」

 祖父は孫娘のために、甘党のふりをしたのでした。

作者・稲空穂さんからのメッセージ


 初めてのコーヒー飲料は、グリコさんの「カフェオーレ」でした。

 今でこそコーヒーはブラックでがぶがぶ飲んでいますが、当時はあの甘い「カフェオーレ」でも、とても苦く感じ休憩をはさみながらちびちび飲んでいました。

 ただ、今思い返すとその苦かった経験は覚えているのですが、いつその苦さを克服したかは覚えていないのです。

 いつの間にか平気になってしまっていました。

 大人になるのは意外とあっけないものかもしれませんね。

    ◇

 〈稲空穂=いな・そらほ〉 静岡県出身・在住の漫画家。会社員を経て2017年に「おとぎ話バトルロワイヤル」(KADOKAWA)でデビューし、「特別じゃない日」で日常をテーマにした作品に挑戦中。老夫婦や女子高校生、主婦、バイトの青年……それぞれの小さな幸せがつながっていく物語を描いていて、実業之日本社から第1集が書籍化され、7月に第2集「特別じゃない日 猫とご近所さん」が発売された。Twitterアカウントは@ina_nanana

 withnewsでは原則隔週水曜日に、稲さんの漫画とともに作品に込めたメッセージについてのコラムを配信しています。

【過去の作品はこちら】

特別じゃない日
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます