MENU CLOSE

ネットの話題

この発想はなかった!「平等な」ハムエッグの作り方が賢すぎて話題

4人家族で安らかに朝を迎えるアイデア

美しく並んだハムエッグ。限られた数の食材を、複数人で分けるためのアイデアに、注目が集まっています。画像全容は記事中で見られます。
美しく並んだハムエッグ。限られた数の食材を、複数人で分けるためのアイデアに、注目が集まっています。画像全容は記事中で見られます。 出典: nagticoさんのツイッター(@_hayaton)

目次

朝食の定番メニューの一つ、ハムエッグ。複数人の家族が平等に食べられるよう、限られた量の食材を上手に活用するアイデアが、ツイッター上で驚嘆を誘っています。発案者に話を聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆

幾何学的なハムの配置に驚き

11月3日、2枚の画像がツイートされました。写っているのは、フライパンの上に載ったハムと生卵です。「今朝は、3枚のハムを4人で使うハムエッグパターン」という文章も添えられ、朝食の調理風景であることが分かります。

1枚目の画像を見ると、3枚のハムが四分割され、計4人分となるよう、断片が組み合わさっています。円を描くようにして配置され、右上から時計回りに、それぞれ2時、4時、8時、10時の方向にあたる部分が空白の状態です。

そして2枚目の画像には、空白地帯に投入された生卵が見えます。こんがりとしたハムエッグの焼き上がりを想像させる構図です。

コメント欄には「天才的な発想」「ハムと卵の白身の重複部分が切りやすくなりそう」などの声が相次ぎました。このほか、人気ゲーム「パックマン」のキャラクターをほうふつとさせる、といった感想も寄せられています。

3枚のハムを4人分に分割し、卵を落とした際の調理風景。幾何学的な美しさが漂っている。
3枚のハムを4人分に分割し、卵を落とした際の調理風景。幾何学的な美しさが漂っている。 出典:nagticoさんのツイッター(@_hayaton)

火の入り方を考えつつ並べた

6万近い「いいね」がついた画像の投稿者は、4人家族で生活するnagticoさん(51・@_hayaton)です。今回の調理法を編み出した経緯について、取材しました。

ある日、朝食の準備に取りかかったnagticoさん。冷蔵庫の中を見ると、ハムが3枚しかありませんでした。どうしようかと思案した結果、家族全員に料理が均等に行き渡るよう、知恵を巡らせたといいます。

「4個同時に作るので、火の入り方がなるべくそろうのが理想です。そのため、(フライパンの)中心からの距離が同じになるよう、ハムと卵の配置を考えました。焼いている間、なるべく動かないようにする、ということも意識しています」

出典:nagticoさんのツイッター(@_hayaton)

自分でも気付かなかったメリット

nagticoさんによると、普段から日常的に料理を作っているそうです。いわく、6枚のハムやベーコンを4人で使えるよう工夫する、といった機会が多いとのことでした。

またスープやおかずを四等分して盛りつけるとき、4つのお椀(わん)に半分ずつ入れた後、量を調整しながら残りをよそう場合もあるといいます。

そしてツイートが好評を博した点については、次のように語りました。

「何かをやってみて、自分で意識していなかったメリットが、後から見つかることはよくあります。今回のような反応をいただけるのは面白いですよね」

「なおハムエッグなどを作る際は、切り方よりも『中身が見えるフライパンのふた』を使うのが重要だと思います」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます