MENU CLOSE

連載

#25 猫と警備員、ほっこり攻防の日々

猫と警備員、ケンちゃん誘ってる? 手前でゴロリ、尻尾が示す先は…

なかなか近寄ってこない理由とは

玄関のずっと手前で座り込むケンちゃん
玄関のずっと手前で座り込むケンちゃん 出典: 尾道市立美術館のツイッター

目次

 美術館に入ろうとする猫と、防ごうとする警備員のやりとりで話題になる尾道市立美術館(広島県)。約1カ月ぶりに警備員と再会を果たした黒猫ケンちゃんですが、なかなか近寄ってきません。その理由とは――。

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆

ケンちゃんと馬屋原さん


 近くのレストランで飼われているケンちゃんが、最初に注目を集めたのは2017年3月。

 開催中だった「猫まみれ展」の会場に入ろうとして、警備員・馬屋原定雄さんに阻止される様子がツイッターで紹介されたのがきっかけでした。

 その後も「猫と警備員の攻防」としてたびたび話題になっていますが、侵入を試みるのは警備員が馬屋原さんの時がほとんど。

 馬屋原さんが来るのは特別展の時だけなので、そのたびに美術館職員は攻防戦を期待してカメラを構えています。

約1カ月ぶりに対面


 美術館では9月10日から11月6日まで、秋の特別展「隙あらば猫 町田尚子絵本原画展」を開催中。

 開幕直後に玄関に現れて馬屋原さんと交流したケンちゃんでしたが、それ以降は顔を合わせていませんでした。

 今月12日の昼休みに約1カ月ぶりに対面しましたが、玄関よりずっと離れたところで寝転がったまま。

 馬屋原さんが近づいてなでてあげると、さらに離れた美術館の壁のあたりまで下がってしまいます。

 見たところ機嫌が悪いわけでもなく、しっぽを動かしながら何かアピールしているようにも見えます。

 それらの様子を収めた動画がツイッターに投稿されると「ケンちゃんのツンデレ作戦かな」「ちょっぴり寂しそうな警備員さん」といったコメントが寄せられています。

職員の推測は


 なぜいつものように近づいてこなかったのか? 動画を撮影していた美術館職員はこう推測します。

 「この日は美術館の隣にある飼い主さんのレストランが休みだったんです。『たまには玄関ばかりじゃなくってこっちで遊ぼうよ』と尻尾で誘っているみたいでした」

 お昼のお客さんがいない時間だったとはいえ、馬屋原さんは勤務中だったためもちろん遊びに行くことはできず。

 とはいえ、開館前や閉館後は事務所裏や近くの公園でふれ合っているため、いつも玄関だけでというわけではないそうです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます