MENU CLOSE

連載

#19 特別じゃない日

スマホを取り上げられた女子高校生 彼氏と連絡をとるための方法は…

 

漫画「ラブレター」の一場面。スマホを先生に没収され、彼氏との待ち合わせ場所がわからなくなって………
漫画「ラブレター」の一場面。スマホを先生に没収され、彼氏との待ち合わせ場所がわからなくなって……… 出典: 稲空穂さん提供

目次

 「特別じゃない日」をテーマにした単行本が発売された漫画家・稲空穂さん。ツイッターで発表して注目を集めた漫画「ラブレター」に込めた思いを聞きました。

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆
漫画「ラブレター」
漫画「ラブレター」 出典: 稲空穂さん提供

漫画のあらすじ


 授業中、LINEで彼氏とデート場所を相談していた女子高校生。

 教師に見つかって「放課後取りに来るように」とスマホをとりあげられてしまいます。

 放課後、職員室に向かいますが教師と行き違いになってしまい、スマホは戻ってきませんでした。

 彼氏からの「駅前で待ってる」というLINEのメッセージを思い出して、急いで駅前に向かいますが、どこにいるのかわかりません。

 スマホがあれば、今どこにいるか連絡がとれるのに。

 女子高校生は友達のバイト先におしかけて「スマホ貸して」と訴えますが、「さすがにスマホは貸せない」と断られ、家に帰ることにしました。

 「嫌われちゃったらどうしよう」と落ち込んでいると、祖父がお茶とお菓子を用意して庭に出ようとしています。

 「おじいちゃん、なにしてんの?」

 「こんだけ咲けばやるだろォ 花見」

 見ると、庭の桜が満開になっていました。

 写真を撮ろうとポケットを探り、スマホがないことを思い出してイライラ。

 「おじいちゃんてさぁ、おばあちゃんと恋愛結婚だったんだよね」

 「おう」

 「スマホないのにどうやって付き合ってたの?」

 「お前なあ……」

 祖父はあきれた顔で、亡くなった祖母とやりとりした手紙の束をとりだします。

 「すごーい……手紙って返事返ってくるまで時間かかるじゃん」

 「せいぜい2、3日だったぞ」

 「遅いよぉ~」

 祖父母の手紙を読んだ女子高校生は、告白した日の彼氏の言葉を思い出します。

 「俺まだ野元さんのこと あんまり知らないけどさ ゆっくり知り合いになろうな!」

 翌朝、彼氏が登校すると下駄箱に手紙が入っていました。

 「昨日はごめんね 今日は時間あるかな? 休み時間に会いに行くね!」

 彼女からの手紙には、桜の花びらが添えられていました。

 それを見た彼氏は「野元さん……こんなに字 上手かったんだ」と、満面の笑みでつぶやきます。

 祖父と祖母のように、焦らずゆっくりと好きになっていけばいい。

 そんな気持ちを大事にしようと、女子高校生は思ったのでした。

作者・稲空穂さんからのメッセージ


 私が小学生・中学生の頃はさかんに友人間で手紙交換をしていました。

 書き終わった手紙を折る、それひとつとっても様々な折り方があって、スタンダードな四角、かわいいハートの形など、不器用ながらもがんばって折っていたことを覚えています。

 反対に、携帯電話やパソコンを手に入れてからは、その圧倒的なデータ保管量・検索能力に何度も助けられました。

 読み直したいメッセージをすぐに確認できるのは最大の利点だと思っています。

 手紙の良さも、データの良さも両方を経験できた幸運な世代として、もしどちらか一方しか経験したことがない、という方に出会った際には、ぜひ経験のない方の良さをプレゼンできればと思っております。

    ◇

 〈稲空穂=いな・そらほ〉 静岡県出身・在住の漫画家。会社員を経て2017年に「おとぎ話バトルロワイヤル」(KADOKAWA)でデビューし、「特別じゃない日」で日常をテーマにした作品に挑戦中。老夫婦や女子高校生、主婦、バイトの青年……それぞれの小さな幸せがつながっていく物語を描いていて、実業之日本社から第1集が書籍化され、7月に第2集「特別じゃない日 猫とご近所さん」が発売された。Twitterアカウントは@ina_nanana

 withnewsでは原則隔週水曜日に、稲さんの漫画とともに作品に込めたメッセージについてのコラムを配信しています。

【過去の作品はこちら】

特別じゃない日
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます