MENU CLOSE

連載

#123 #小山コータローの4コマ劇場

「もうダメだ腹減った…」 シンプル〝キャラ弁〟に想定外の一言

ゆるさねぇ!!

小山コータローさんの漫画「カメラワーク」
小山コータローさんの漫画「カメラワーク」
そういう…。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

「カメラワーク」

小山コータローさんの漫画「カメラワーク」
小山コータローさんの漫画「カメラワーク」

ラーメン屋で…

たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。小山さんに「目をそらしたくなる出来事」について聞いてみました。

目線を逸らしたくなる出来事ですか。ありますね。
 
あれはもう10年近く前になるかと思います。僕は本業で別の仕事をしているのですが、その仕事先の先輩と現場終わりでご飯に行くことになりました。
 
その人は身なりもきっちりしているし、言葉遣いも丁寧で、とても素晴らしい人で、ご飯を食べるお店もたくさん知っている人でした。
 
「そうだ、この近くによく行く美味いラーメン屋があるんだよ。そこ行こう。」
 
そう言われれば断る理由もありません。お店につくなり先輩は店員さんに
 
「いやあどうもどうも!ハハハ」
 
と上機嫌で話しかけていました。店員さんも
 
「いらっしゃいませ〜ああどうもこんにちわ〜!今日は自転車じゃないんですね!」
 
と明るく元気に答えていました。しかし、次の瞬間先輩が言った言葉が僕は忘れられません。

「それ僕じゃないです」
 
それ僕じゃないです。行きつけの店で、それ僕じゃないです。
 
「自転車で来たことないんで」
 
自転車で来たことないんで。行きつけの店には自転車で来たことないんで。
 
「そうですか…」
 
店員さんは悲しそうに返事をしました。でも1番悲しいのは先輩です。何よりその自転車でいつもきてるやつがいなければこんなことにはならなかったんです。
 
二度と先輩と似た顔でラーメン屋に自転車で来ないでください。
 
僕はとんこつラーメン、麺固め、スープ濃いめ、涙多めで食べました。ご馳走様でした。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます