MENU CLOSE

連載

#44 どうぶつ同好会

10歳が発見「白いぶどう」の中に〝イカの赤ちゃん〟まるで「ポニョ」

干潟で見つかるのは「かなり珍しい」そうです

10歳の男の子が干潟で見つけたイカの赤ちゃん
10歳の男の子が干潟で見つけたイカの赤ちゃん 出典: ツカマエテミタさんのツイッターより

目次

干潟で見つけた「白いぶどうみたいなもの」。よく見てみるとそれはイカの卵で、なかでは小さな赤ちゃんが動いていました。発見した10歳の男の子が触ってみると、「グミみたいにぷにぷに」していたそうです。

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆

「グミみたいにぷにぷに」

「干潟を歩いていたら、白いぶどうみたいなものがあって、何かなと思いました」。そう話すのは、中国地方に住む小学5年生の男の子(10)です。

8月中旬、父親(40代)といとこ家族と5人で広島県竹原市の「ハチの干潟」で生き物探しをしていたところ、「ミル」という海藻にいくつもくっついている白くて丸いものを見つけました。

はじめは何か分かりませんでしたが、よく見てみると中にはイカの赤ちゃんが。そばにいた父親にすぐ「見て見てー!」と興奮気味に知らせました。

父親によると、当時干潟は潮が引いていて、ミルが見える状態でした。ミルにはいくつも卵がついていましたが、そのうち一つの卵を観察したといいます。

大きさは1、2センチ程度。男の子が触ってみると、「グミみたいにぷにぷにしていました」。

その後、海水を張ったトレーに入れて観察していたところ、約30分ほどして気づいたら孵化(ふか)していたそうです。このほか、ミルについていた卵の中にも孵化したものがあり、干潟にできた水たまりにイカの赤ちゃんがいたそうです。

観察していたイカの赤ちゃんは最後、海へ帰しました。

海藻についている「白いぶどうみたいなもの」がイカの卵でした
海藻についている「白いぶどうみたいなもの」がイカの卵でした 出典:森久拓也 @眼遊

ツイッターに動画を投稿すると…

男の子が見つけたものを父親が代わりに投稿して管理しているツイッターアカウント「ツカマエテミタ」(@tsukamaetemita)で、イカの赤ちゃんの動画を投稿したところ、あっという間に話題になりました。

干潟で小さな丸いものがあったので、何かなと思ってのぞいたらイカの赤ちゃんが入っていました。

お父さんに報告だー!!!
ツカマエテミタさんのツイッターより
10歳の男の子が見つけたイカの赤ちゃん
10歳の男の子が見つけたイカの赤ちゃん 出典:ツカマエテミタさんのツイッターより

ツイートには「初めて見ました」「海の命の宝石」「(スタジオジブリ作品の)ポニョを思い出す」といったコメントが寄せられ、24万以上の「いいね」がついて動画の再生回数は460万回を超えています。

男の子は想定外の反響に「びっくりしたけど、うれしいです」と話します。

「ツカマエテミタ」のアカウントを始めたのは、2022年2月から。父親が提案したところ、男の子も積極的に「やりたい」と話していたそうです。

父親は「私自身が生き物にそこまで詳しくなくて、息子に見つけたものを『これは何?』と聞かれても正確な答えを出せないことが多々ありました。そんなときもツイッターの力を借りれば、詳しい人が生き物の名前を教えてくれます」。

そのほか、ツイッターで記録することで今後の参考や何かの糧になるという期待もあったそうです。

父親は「今回の投稿で『いいね』をたくさんもらったことで、本人の熱意が上がったのかなと思います」と振り返ります。

専門家「海岸や砂浜で見つかるのはかなり珍しい」

イカの卵に出合うことは珍しいのでしょうか?

ダイオウイカ研究の第一人者であり、国立科学博物館名誉研究員の窪寺恒己博士に話を聞きました。

ーー今回のように干潟でイカの卵を見つけるのは珍しいのでしょうか?

イカ類は基本的に海中で産卵しますので、海岸や砂浜で見つかるのはかなり珍しいと思います。

ーーこのイカは何イカですか?

色素胞の分布から、恐らくコウイカの孵化間近の卵でしょう。本当のところは、DNAを調べないと種の確定はできません。

本来ですと細かい砂粒が卵の表面にまぶされていて透明ではないのですが、孵化間近に卵膜がはがれて透明になったものと思います。

ーーイカはどのような場所に産卵するのですか?

イカ類は種類によって産卵様式、産卵場所が異なります。

コウイカの仲間はおおむね1個1個の卵を海藻や沈木、岩のくぼみ、海綿の間などに産み付ける産卵様式です。スルメイカのように何万個も入った大きな卵塊を海中に生み出す仲間もいます。
 
10歳の男の子が見つけたイカの赤ちゃん
10歳の男の子が見つけたイカの赤ちゃん 出典:ツカマエテミタさんのツイッターより

男の子の将来の夢は…

イカの赤ちゃんを発見した男の子。実は、干潟で生き物探しをするのは今回が初めてではありません。

過去にも「カブトガニ」や「ハクセンシオマネキ」というカニを見つけたことがありました。

写真家として生き物を撮影する伯父の影響で物心ついたときから生き物への関心が高く、「いろいろな生き物がいておもしろい」と話します。特に「見たことない生き物についての興味が大きい」(父親)そうです。

将来の夢は「生物学者」。「生き物の新種を発見したい」と教えてくれました。

父親は「自分の好きなことが仕事につながれば、楽しい人生を送れるんじゃないかと思います。自分の好きな生き物を通じて、いろんなことを学んでいってほしいです」と話しています。

男の子が見つけたカブトガニ
男の子が見つけたカブトガニ 出典:ツカマエテミタさんのツイッターより
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます