MENU CLOSE

連載

#15 特別じゃない日

おばあちゃんが取り出したアルバム 中身は「重要文化財」なのでした

 

漫画「重要文化財」の一場面。おばあちゃんが取り出してきたアルバムの中身は……。
漫画「重要文化財」の一場面。おばあちゃんが取り出してきたアルバムの中身は……。 出典: 稲空穂さん提供

目次

 「特別じゃない日」をテーマにした単行本が発売された漫画家・稲空穂さん。ツイッターで発表して注目を集めた漫画「重要文化財」に込めた思いを聞きました。

◆"手は出さず 口出す夫 うっせぇわ"「オリックス 働くパパママ川柳」が映し出す、子育てと働き方の未来(PR)◆
漫画「重要文化財」
漫画「重要文化財」 出典: 稲空穂さん提供

漫画のあらすじ


 「おばーちゃん どっちがいいと思う?」

 孫娘が手にしているのは、バイト先のコンビニに貼り出すために描いた新商品のポップです。

 「昔から絵を描くの上手だものねえ」

 祖母は孫をほめながらポップを選び、選ばれなかった方のポップを手に取ります。

 「もらってもいい?」

 「いいよ~ でもどうするの?」

 祖母はパタパタと部屋の奥に駆けていき、アルバムを取り出してきました。

 中には、孫娘が小さいころに描いた絵や、保育園で作った折り紙などが貼ってあります。

 「おじいちゃん、純加ちゃんの大ファンなのよ~」

 ちょうど散歩から帰ってきた祖父。

 2人の会話を聞いて照れてしまい、なかなか部屋に入ることができず玄関で固まってしまいました。

作者・稲空穂さんからのメッセージ


 こちらのお話は単行本「特別じゃない日」の1巻発売後、ツイッターにて「特別じゃない日の幸せ体験談」として読者の皆様から募集したエピソードの中のひとつです。

 ご投稿いただいた、ほのぼの様のおじいさまにまつわるお話です。


 私の祖父もアルバムやファイルになんでも保管するタイプで、とても共感しました。

 自分でも忘れていた作品や写真を、「見るか?」と嬉しそうに引っ張り出してくれる祖父。

 そんな祖父と一緒にアルバムを見るひと時が、とても嬉しく幸せです。

    ◇

 〈稲空穂=いな・そらほ〉 静岡県出身・在住の漫画家。会社員を経て2017年に「おとぎ話バトルロワイヤル」(KADOKAWA)でデビューし、「特別じゃない日」で日常をテーマにした作品に挑戦中。老夫婦や女子高校生、主婦、バイトの青年……それぞれの小さな幸せがつながっていく物語を描いていて、実業之日本社から第1集が書籍化され、7月に第2集「特別じゃない日 猫とご近所さん」が発売された。Twitterアカウントは@ina_nanana

 withnewsでは原則隔週水曜日に、稲さんの漫画とともに作品に込めたメッセージについてのコラムを配信しています。

【過去の作品はこちら】

特別じゃない日
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます