MENU CLOSE

連載

#6 #探していますの物語

バイスタンダー、知ってる? 丸の内消防署が人探し「感謝伝えたい」

急病人に出会ったら「まず周りに声掛けを」

東京消防庁のアカウントでつぶやかれた【人を探しています!】のツイート
東京消防庁のアカウントでつぶやかれた【人を探しています!】のツイート 出典: 東京消防庁のツイッターアカウント(@Tokyo_Fire_D)

目次

火災予防の啓発や、熱中症への注意喚起など、身近なケガや体調不良などにまつわる情報などを発信している東京消防庁のツイッターアカウント(@Tokyo_Fire_D)で7月中旬、「東京駅での急病人に心臓マッサージをしてくださった方に感謝を伝えたい」とする投稿があり、1万件以上がリツイートされました。急病人に出会ったときの対応などについて、丸の内消防署に聞きました。
 
◆「オリックス 働くパパママ川柳」が映し出す、子育てと働き方の未来(PR)◆

【人を探しています!】に、「名乗り出てほしい」

ツイートがあったのは7月11日。
東京消防庁が【人を探しています!】としてツイッターで投稿しました。

《【人を探しています!】
令和4年6月27日(月)17時頃、東京駅八重洲中央口で急病人が発生した際、交番へ駆付通報、心臓マッサージをしてくださった方に感謝をお伝えしたく探しています。お心当たりのある方は、丸の内消防署(03-3215-0119)までご連絡ください》

東京消防庁のアカウントでつぶやかれた【人を探しています!】のツイート
東京消防庁のアカウントでつぶやかれた【人を探しています!】のツイート 出典:東京消防庁のツイッターアカウント(@Tokyo_Fire_D)

このツイートは、1万件リツイートされ、1万件以上の「いいね」がつくなど拡散されました。

ツイートには、「ヒーローだ」「名乗り出てほしい」など、救助者の行動を称讃するコメントや、急病人の方の気持ちに寄り添い「助けてもらったお礼を言いたいけど言えないと、心残りになる人もいるんじゃないか」などの反響がありました。

丸の内消防署「感謝伝えたい」

丸の内消防署によると、当時の状況については、ツイート以上のことは明らかにできないとのこと。

ただ、駆けつけた救急隊員らからの情報によると、現場には第三者がいて、その人が交番への通報や心臓マッサージを行っていたということを確認したため、丸の内消防署が「感謝を伝えたい」とのことでした。

「もし名乗り出ていただいた場合、表彰させていただくこともあります」

東京消防庁のアカウントではこの件以降も、救命活動にあたった方を探す投稿がなされています。

《【#人を探しています!】
令和4年7月15日(金)14時頃、都電荒川線「熊野前駅」で急病人が発生した際、AEDを取りに行ってくださった方とAEDパッドを装着してくださった方に感謝をお伝えしたく探しています。お心当たりのある方は、尾久消防署(03-3800-0119)までご連絡ください。》

倒れた人に出会ったら…まずすべきこと

では倒れていたり、具合が悪そうな人に出会った場合、そこに居合わせた人(バイスタンダー)には何ができるのでしょうか。

丸の内消防署の担当者は「やはり一人で対応するのではなく、まずは周りに声掛けをしてほしい」と話します。

その上で、多くの人が行き来している場所であれば、周りに助けを求め、集まった人にそれぞれ、「119番通報をお願いする」「AED(自動体外式除細動器)を持ってきてもらう」など、具体的な役割を割り振り、応急手当をしながら救急隊員の到着を待ってもらえればと話します。

心臓マッサージやAEDを使った訓練をする瑞穂署員ら=2021年11月、名古屋市瑞穂区
心臓マッサージやAEDを使った訓練をする瑞穂署員ら=2021年11月、名古屋市瑞穂区 出典: 朝日新聞

応急手当の目的に「苦痛の軽減」

東京消防庁のHPによると、バイスタンダーが行う応急手当の目的は、「救命」「悪化防止」「苦痛の軽減」です(https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/kyuu-adv/joukyu/oukyu-01.htm )。

応急手当の一番の目的は「救命」ではありますが、HPを見て驚いたのは、「すぐに救急車が来ます」などの声掛けも、「苦痛の軽減」として応急手当の目的の一つに盛り込まれていることです。

もしも具合の悪い人に出会ったときに、自分にもできることがあるのではと思えたのと同時に、AEDの使い方もおさらいしたいと思い、救命講習を改めて受けようと思いました。

東京消防庁では、心肺蘇生やAEDの使用方法などについて学べる救命講習も定期的に開催されています(https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/kyuu-adv/life01-1.htm )。

また、東京消防庁のHPには、こんなデータも盛り込まれていました。

《バイスタンダーによる応急手当があった場合、なかった場合に比べ、病院収容前の心拍再開率は約2倍高くなっており、また1か月生存率は約3倍の差が生じています》
#探していますの物語
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます