MENU CLOSE

連載

#18 #啓発ことばディクショナリー

〝意識高い系〟職業名、戦時中にも 辻田真佐憲さんが思う「セコさ」

劣悪な実態粉飾、現代に通じる言葉遊び

華美な言葉を駆使して、過酷な労働を人々に受け入れさせようとする――。そんな振る舞いが、戦時中の軍需工場などにも広がっていたといいます。(画像はイメージです)
華美な言葉を駆使して、過酷な労働を人々に受け入れさせようとする――。そんな振る舞いが、戦時中の軍需工場などにも広がっていたといいます。(画像はイメージです) 出典: Getty Images

目次

職業や職種を呼ぶ上で、いかにもきらびやかな表現が用いられる場合があります。評論家・近現代史研究者の辻田真佐憲さんによると、同じようなことは、早くも戦時中に行われていたそうです。言葉によって、仕事のイメージアップを図ろうとする。そんな精神性は、労働者を効率的に働かせるため、現代の経営者層が用いる「人財(人材)」といった造語にも引き継がれているように思われます。一連の語彙(ごい)を「啓発ことば」と呼ぶ筆者が、人を動かす言葉の「魔力」について、辻田さんと一緒に考えました。(withnews編集部・神戸郁人)

ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)
#啓発ことばディクショナリー

流布される「格好いい」職業像

近年、デジタル化の進展により、時間や場所にとらわれない「自由な」働き方を売りにする職業が現れています。とりわけ象徴的なのが、企業と直接の雇用関係を結ばない「ギグワーク」と呼ばれる業態です。

米国のネット通販大手アマゾンでは、個人に荷物の配送業務を委託する制度「アマゾンフレックス」を導入しています。日本法人アマゾンジャパンも、2019年に運用を開始。働く日時や配送ペースを、担当者の意志で決められるとしてきました。

飲食店が作った弁当などを宅配する、いわゆるフードデリバリー業界にも、同様の仕組みが存在します。スマートフォンなどの専用アプリで、「個人事業主」のドライバーが配達依頼を受注し、顧客に商品を届けるというものです。

一方、労働者と企業のいびつな関係性が、問題視されることは少なくありません。飲食宅配大手ウーバーイーツは、注文者と利用店双方による、ドライバーの評価を実施。数値が全体平均を下回ると、一方的に受注アプリの使用を制限される恐れがあります。

アマゾンをめぐっても、AIが決めたルートで荷物を運ぶうち、長時間労働が常態化した配達員の苦境が報じられてきました。いずれの企業も、配送先管理などを独自のアルゴリズム(計算手順)で行っています。その詳細は労働者側に明かされていません。

「スマホや横文字を組み合わせ、何となく格好良い職業のイメージを作り出す。でも現実には、十分な雇用保障がなされず、安い労働力として使い倒されてしまう。結果として雇い主の力が強まりすぎている印象です」

辻田さんが、そう語りました。

画像はイメージです。
画像はイメージです。 出典: Getty Images

戦時中にも行われたイメージアップ

実際には、職場で働き手の権利が守られていない。にもかかわらず、前向きで勇壮な言葉を使い、真っ当な労働環境であるかのように見せかける……。辻田さんは、戦時中にも、そんなことが行われていたと話します。

1939年7月、国家総動員法に基づく国民徴用令(後の国民勤労動員令)が施行されました。国民を軍需工場などでの強制労働に駆り出す勅令(天皇の命令)です。徴用を拒否すれば刑事罰が科せられるという、非常に厳しい内容でした。

この勅令によって動員された人々は当時、「応徴士(おうちょうし)」の名で呼ばれました。いかにも仰々しい字面ですが、背景に特別な意図があったと、辻田さんは解説します。

「呼称に『士(さむらい)』という漢字が含まれているように、どこか雄々しい響きがあります。徴兵され、国防のため最前線で戦う軍人同様、立派で重要な仕事なのだ。そんな印象を人々に与えるため、つくり出された言葉だったのです」

軍需工場で働く作業着姿の女性。機械のこぎりで鉄棒を切断している。多くの男性が徴兵された戦時下、女性たちが労働力不足を補い国内産業を支えた。
軍需工場で働く作業着姿の女性。機械のこぎりで鉄棒を切断している。多くの男性が徴兵された戦時下、女性たちが労働力不足を補い国内産業を支えた。 出典: 朝日新聞

「安上がりに済ませたい」という思惑

軍需工場などで作業にあたった人々は、劣悪な労務管理に苦しむ場合がありました。職場で格上の「指導員」から暴行を受けたり、十分な食糧の提供を受けないまま働かせられたり。戦後に記された、元応徴士のそんな証言も残っています。

とはいえ、徴用令は法的な強制力を伴っていました。ひとたび命令を受ければ、応じざるを得なかったはずです。職業の名誉を殊更誇る呼称を、あえて生み出す必要があったのでしょうか? この点について、辻田さんは次のように推測します。

「無理やり動員されたところで、労働意欲など湧かないものです。一方、工場で嫌々働かれると、生産性が落ちてしまいます。だから働き手には『お国のために頑張ろう』と思ってもらった方がいい。一人ひとりの士気を上げる目的があったのでしょう」

「仕事にまつわる言葉を変えるだけで、工場全体の生産性が高まるのならば、これほど安上がりなことはありません。ギグワーカーにまつわる言説もそうですが、一見華やかな言葉遣いの裏側には、使用者側の『セコさ』があるように思います」

1939年、陸軍将校学校配属15周年式典に参加するため宇高連絡船で東京へ向かう中等学校生徒=香川県高松市 
1939年、陸軍将校学校配属15周年式典に参加するため宇高連絡船で東京へ向かう中等学校生徒=香川県高松市  出典: 朝日新聞

労働に与えられる特別な意味

徴用の歴史を振り返ると、労働に特別な意味を付与したい、国家の姿勢が垣間見えるようです。この傾向が特に強まったのが、戦時下でした。1940(昭和15)年11月8日に閣議決定された「勤労精神」にまつわる文書は、象徴的かもしれません。

勤労は皇国民の奉仕活動として其の国家性、人格性、生産性を一体的に高度に具現すべきものとす、従つて勤労は皇国に対する皇国民の責任たると共に栄誉たるべき事、各自の職分に於て其の能率を最高度に発揮すべきこと、秩序に従ひ服従を重んじ協同して産業の全体的効率を発揚すべきこと、全人格の発露として創意的自発的たるべきことを基調として勤労精神を確立す
「勤労新体制確立要綱」昭和15年11月8日 閣議決定(国立国会図書館リサーチ・ナビ)

勤労は単に対価を得る手段ではなく、国に奉仕するための栄誉ある営みだ。皇国民(天皇が治める国の国民)として責任をもって果たさねばならない。全人格を賭けて取り組み、生産性を高めよ――。そんな価値観が、ありありと示されています。

上述の考え方は、応徴士という呼称に反映されていると言えそうです。巧みな言葉遣いで人々の参加意欲を高め、過酷な労働を受け入れさせようとする。こうした態度は、現代のギグワーカーに対する企業の取り扱いにも通じるように思われます。

「政治的なプロパガンダを始めとした、人々の心を動かそうとする言葉の裏には、発する側の狙いがあります。『何らかの意図を隠そうとしているんじゃないか』。そう考えて、気を付けて捉えなければなりません」。辻田さんが語りました。

   ◇

 

辻田真佐憲(つじた・まさのり)
1984年、大阪府生まれ。評論家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている。単著に『防衛省の研究』(朝日新書)、『超空気支配社会』『古関裕而の昭和史』『文部省の研究』(文春新書)、『天皇のお言葉』『大本営発表』『ふしぎな君が代』『日本の軍歌』(幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、共著に『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社)、『新プロパガンダ論』(ゲンロン)などがある。監修に『満洲帝国ビジュアル大全』(洋泉社)など多数。軍事史学会正会員、日本文藝家協会会員。
   ◇

【連載・#啓発ことばディクショナリー】
「人材→人財」「頑張る→顔晴る」…。起源不明の言い換え語が、世の中にはあふれています。ポジティブな響きだけれど、何だかちょっと違和感も。一体、どうして生まれたのでしょう?これらの語句を「啓発ことば」と名付け、その使われ方を検証することで、現代社会の生きづらさの根っこを掘り起こします。毎週金曜更新。記事一覧はこちら
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます