MENU CLOSE

連載

#114 #小山コータローの4コマ劇場

「なんで店長やってるんですか!」 あとからわかるタイトルの深さ

ちょっと泣けてきちゃう

小山コータローさんの漫画「夢の途中」
小山コータローさんの漫画「夢の途中」
意外だ!…。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
◆「医療機器」に起こったパラダイムシフト 「次世代CT」15年にわたる研究の軌跡(PR)◆
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

「夢の途中」

小山コータローさんの漫画「夢の途中」
小山コータローさんの漫画「夢の途中」

世界一になってしまいました

たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。「小さい頃の夢」について聞きました。

小さい頃の夢…いま思い出せる1番古い夢は「強くて優しいトラになる」でした。
 
 
これは、幼少期から母が「お前は強くて優しいトラになるんだよ…いいかい?お前は強くて優しいトラになるんだ…」と、何度も何度も刷り込んだおかけで、自主的に保育園の七夕の願い事にも書いた記憶があります。
 
 
そもそも「強くて優しい」が肝なのだから「人になる」で良かったのではないかと気づくのに、そう時間はかかりませんでした。
 
小学生に上がった時は、たしか「体操のお兄さん」だった気がします。運動が好きで運動をする仕事をしようと思いましたが、運動を仕事にしてる人はこの世で「体操のお兄さん」しかいないと思っていたからです。
 
そんなこんなで、思い返せば小学校6年生ときに掲げた夢は「世界一の漫画家になる」でした。当時は絵を描くのが好きでしたが、身体が描けず、同じ向きの顔しか描けなかったので「このままじゃ世界一になれないな」と思い諦めました。
 
正直、中学に入ってから31歳になるまで絵を殆ど描いていませんでしたが何の因果か今ではギャグ漫画作家として世界一になってしまいました。
 
夢なんて意外とこんな物なのかもしれませんね。みんなも、いつのまにか世界一になってるものがあるかも。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

連載 #小山コータローの4コマ劇場

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます