MENU CLOSE

連載

#22 猫と警備員、ほっこり攻防の日々

猫と警備員、突然指にかみついた? 2カ月ぶり再会で「甘がみ」披露

愛情表現の「甘がみ」だったようです

2カ月ぶりに再会した馬屋原定雄さんとケンちゃん
2カ月ぶりに再会した馬屋原定雄さんとケンちゃん 出典: 尾道市立美術館のツイッター

目次

 美術館に入ろうとする猫と、防ごうとする警備員のやりとりで話題になる尾道市立美術館(広島県)。黒猫ケンちゃんが警備員の指にかみつきました。といっても、愛情表現の「甘がみ」だったようです。

◆「医療機器」に起こったパラダイムシフト 「次世代CT」15年にわたる研究の軌跡(PR)◆

ケンちゃんと馬屋原さん


 近くのレストランで飼われているケンちゃんが、最初に注目を集めたのは2017年3月。

 開催中だった「猫まみれ展」の会場に入ろうとして、警備員・馬屋原定雄さんに阻止される様子がツイッターで紹介されたのがきっかけでした。

 その後も「猫と警備員の攻防」としてたびたび話題になっていますが、侵入を試みるのは警備員が馬屋原さんの時がほとんど。

 馬屋原さんが来るのは特別展の時だけなので、そのたびに美術館職員は攻防戦を期待してカメラを構えています。

ピングー展が開幕


 前回の特別展終了から約2カ月後の今月2日、「ピングー展」が開幕。

 馬屋原さんとケンちゃんが久しぶりに再会を果たしたのは、9日のことでした。

 美術館入り口付近に現れたケンちゃんの体をなでる馬屋原さん。

 気持ち良さそうに寝っ転がっていたケンちゃんですが、突然、前脚を出して馬屋原さんの手袋に爪を引っかけます。

 そして、すかさずガブッとかみつきました。

 かみついたと言っても一瞬で、優しく甘がみしただけのようです。

翌日もガブッ


 翌10日午後にも入り口付近に現れたケンちゃん。

 前日と同じようにゴロゴロしながら体をなでてもらっていましたが、突然前脚を出してガブッ。

 またもや甘がみをした後、何食わぬ顔で寝っ転がりました。

 「何年も撮影してきましたが、甘がみするのを見たのは初めてです」

 そう話すのは、動画を撮った美術館職員です。

甘がみの理由は


 特別展が始まると、美術館の壁に垂れ幕が設置されます。

 それで馬屋原さんの来館に気づくのか、ケンちゃんは「そろそろ会えるかも」と感じているようです。

 今回は雨だったり、馬屋原さんのお休みが続いたりで、再会したのは開幕から1週間後でした。

 甘がみの理由について、美術館職員はこう推測します。

 「待たされての行動だったのかもしれませんね。馬屋原さんへの思いが強くなっているように感じます」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます