MENU CLOSE

連載

#95 コミチ漫画コラボ

自転車に添えた手、いつ離す? 7歳娘との練習でハッとした「信頼」

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として「#わたしのハッとした話」をテーマにマンガを募集しました。大賞に決まったのは、自転車に挑戦する娘との日々を描いた作品です。そのほか、苦手だった金魚と暮らしての気づきを描いたマンガやトイレでハッとしたことを描いた作品など、大賞・入賞に決まった計3作品を、選評とともにご紹介します。
「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)

【大賞】子どもの自転車練習(ひとり著)

「クラスで乗れないのは自分だけ」。そうつぶやく、ぽんすけ(7)とお父さんの自転車練習の様子を描いた作品です。コツをつかみはじめた時、お父さんが自転車に添えた手を離すと……。物語は意外な展開を迎えます。

子どもの隣に立つのか、半歩前か、一歩前か、手は添えるのか、添えないのか。この子が生きていくために、どう関わるべきなのかと、私も親として常に悩んでいます。作中で語られる「信頼」というキーワードは、一つの基盤なのだと考えさせられました。よい作品に出逢えました。(選評:高橋健次郎)

【入賞】『わたしのハッとした話』〜うちの子世界一!(ただの親バカ話)〜(ササオアム著)

魚が苦手なササオアムさんの家に、ある日、金魚がやってきました。最初は「おとうばん表」まで作って家族みんなでお世話をしていたのに、いつの間にか「えさ係」はササオアムさんの担当に。

そして、ある感情に気づいてしまいました…!

慣れ…情…いや、親バカ!金魚も家族の一員となると、見る目が変わりますね。幼い日のトラウマ克服まではいかなくても、きっと人生が豊かになったことでしょう。

何よりえさを「パララン」するコマが最高です!(選評:河原夏季)

【入賞】プリンセス庶民 (ヘケメデ著)

「しかもダブル……!」がツボりました。

上を見るとキリがない、スマホに映るのはいつだって「さらに上」の暮らしばかり……。

そんな時こそ、SNSから一端目を離して、日々のふとした「手触り」に気付けたら。

ダブルの手触りは、唯一無二、世界でもここだけ。

「身に余るような豊かさ」は、意識しないと忘れがちですが、これからトイレの時間も少し楽しくなりそうです。

オシャレな絵柄も相まって、「ハッと」させられた作品でした。(選評:松川希実)

     ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/fc05db538d813)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。お題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

次回のお題は「#わたしの推し」です。締め切りは7月24日です。
 
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます