MENU CLOSE

コラム

女性のトイレ問題、先輩の助言にビビった私 古い環境変えるには?

「消防トイレカー」が教えてくれたこと

新聞記者になって困ったトイレ問題。女性の先輩記者からのアドバイスに戸惑った…… ※写真はイメージです
新聞記者になって困ったトイレ問題。女性の先輩記者からのアドバイスに戸惑った…… ※写真はイメージです 出典: Getty Images

目次

「野ションができたら一人前」。新聞記者になることが決まった大学生の頃、同じ女性として相談に乗ってくれた先輩記者から言われた。その時は「すごい世界にきてしまった……」と驚くばかりだったが、今、後輩に同じことは言えない。女性の社会進出が広がることで認識されるようになった〝言いにくいけど切実な悩み〟。古い制度や環境に当事者が合わせるのではなく、環境自体を新しくするべきだという考えが広がっている。先日、取材した消防署のトイレカーは、これからのダイバーシティーを考える上で、大事な気づきにあふれていた。

「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)

とにかく慌ただしい高校野球取材

新聞記者が、こんなにもトイレに行きづらい仕事だとは思わなかった。

例えば、高校野球の地方大会。球場を担当する記者は、スタンドと記者席を行ったり来たりする。とにかく慌ただしい。

スコアを付けながら、スタンドで選手一人一人が1番良く撮れる場所を探して撮影する。その合間に、観客席に行って選手の家族や友人に話を聞く。点が入りそうな試合展開になれば、走ってスタンドの最前列まで移動。ヒットの瞬間やホームインの場面を撮り逃さぬよう、カメラを構える。試合を見つつ記者席に戻りPCで出稿する――。

試合の大事な場面を見逃すわけにはいかないので、トイレに行くチャンスは回が変わる時くらいしかない。でも、球場によってはトイレの数が少なく行列ができることもある。並んでいる間に試合が再開している時は、心底焦る。スタンドからトイレが遠い球場だと、げんなりだ。

夏真っ盛りの7月に開かれる高校野球の地方大会では、汗をかいて水分補給をしたい半面、飲めばトイレにいきたくなる。スポーツドリンクを口に含みつつ、水分は控え気味にせざるを得ない。

高校の野球部の練習風景
高校の野球部の練習風景

「野ションができたら一人前」

突発的な事件や事故の取材でも、トイレに困ることがしばしばある。現場が人里離れていて、周りにトイレを借りられるコンビニや大型商業施設がない時は、できるだけ水分を取らないようにするしかない。

トイレを我慢するたび、10年ほど前、ある女性記者に言われたことを思い出す。入社前の大学生だった頃のこと。第一線で活躍していたその女性記者に、食事をしながら仕事について話を聞かせてもらった。たばこをふかしながら女性記者はふと、こう言った。

「まぁ、野ションができるようになったら一人前かな」

……。もちろん、今はこんなことを言う人はいないが、当時は、何だかとんでもない業界に足を踏み入れてしまった、と思った。働きはじめてから言葉の意味を痛感したが、私は「野ション」はしたくなかったし、幸いせずに済んできたものの、トイレは切実な問題だと感じてきた。

東京消防庁のトイレカーの内部
東京消防庁のトイレカーの内部

東京消防庁で活躍する「トイレカー」

つい最近、東京消防庁の取材を通して、火災現場で活躍する消防署員も同様の悩みがあると知った。

火災現場では、炎から署員を守るためあえて署員に水をかけることもあり、全身ずぶぬれになるという。さらにススや煙で真っ黒で、歩くたびに黒い足跡がつく。

公園や消防署が近くにあるといいが、商業施設や民家のトイレは借りづらい。交代の時間がきて署に戻るまで、トイレを我慢せざるを得ないことも多いという。熱中症と隣り合わせだが、署員が口をそろえて「水分は必要以上に取らないようにしてきた」と話すのには驚いた。

 東京消防庁では、そうした長時間の活動の実態や女性職員が増えてきたことを踏まえ、昨年4月に「トイレカー」を導入した。

 トイレカーには、男性用の小便器と大便器、洗面台がそれぞれ二つずつあり、車両の後方には、女性用の更衣室も兼ねた個室がある。窓は曇りガラスでカーテンもついており、プライバシーに配慮されている。

1年間で40件以上の現場に出動し、消火活動にあたる署員を支えてきた。トイレカーの隊長も務めた斎藤潤基さん(34)は「仮眠中の出動だと、用を足す間もないことが多い。いつでもトイレに行ける安心感は大きい」と話す。

トイレカーの導入は、都が進めている「ダイバーシティを実現するための一環」という。東京消防庁の女性消防吏員は2011年~21年までの10年間で約300人増加しており、女性の消防団員も増えている。女性職員の増加が、職場環境の改善につながった要因の1つだそうだ。結果的に、男性の消防職員にとっても働きやすい環境につながったのではないだろうか。

東京消防庁が昨年4月に導入したトイレカー=同庁提供
東京消防庁が昨年4月に導入したトイレカー=同庁提供

「多様な当事者の視点」があること

社会に多様な当事者の視点があることは、とても大事だと思う。働く環境をめぐっては、例えば、夫婦共働きが増え育児や介護の負担が偏ることなどから、望まない転勤を廃止する動きが出はじめている。

育休を取る男性も増えている。厚生労働省の調査によると、20年度の男性の育休取得率は12・65%と、女性に比べて極めて低いが、初めて1割を超えた。

以前、育児休暇を取得した都内の会社員の男性と話をしたとき「初めて『社会的弱者』になったと感じた」と言っていたのが印象的だった。ベビーカーではエスカレーターに乗れない、男性用のトイレにはオムツ替え台がない――。 育休中に、自力ではどうにもならず社会で変えていかないといけないことがあると初めて気づいたのだという。

これから、男性の育児参加はますます当たり前のようになっていくならば、子育てのしやすさは、女性にとどまらない社会全体にとって大事な変化になり得る。

年をとれば誰もが若い頃と同じような生活はできなくなる。それなら、今、障がいを持っている人の大変さを理解し、住みやすい制度や設備を充実させることは、結果的に自分のためになる。

考えてみれば、これまでの世の中、特に働く環境は、健康で仕事だけに時間を費やせるかなり絞られた人向けに最適化された設計になっていたと言える。そんな無理な枠組みを大事に残したまま、人間の方が強引に対応させられていたのだと思うと、これは、さっさと変えた方がいいに決まっている。

その時、多様な当事者の声は、社会をより良い方向に変えていくきっかけになる。だから、先輩の前でビビった私にはこう言ってやりたい。

「野ションしてまでネタを取るより、野ションしなくていい社会を考える記事を書こうぜ」

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます