MENU CLOSE

ネットの話題

「いつやるの? ヒマでしょ!」 富山大の就活向けポスターが面白い

発案者に話を聞きました

就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター
就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター 出典: 羽田純さん提供

目次

 自転車置き場に「チャリと就職はパンクじゃねぇ ロックだ!」。食堂入り口には「食べるためには仕事がないとね」。これらは富山大学内に貼られていた就活ガイダンス参加を呼びかけるポスターの標語です。発案者に話を聞きました。

「ジェンダー革命」を目指す井手上漠さんが考える「自分らしさ」とは(PR)
就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター
就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター 出典: 羽田純さん提供

富山大学に貼ってありました


 富山大学で昨年10月に開催された、3年生のための就活ガイダンス。

 開催日の数週間前、学内のあちこちに参加を呼びかける標語が貼り出されました。

 テニスコートのフェンスに「ワタシ、就職スマッシュ」。

 エレベーター横に「譲り合いは就活以外で」。

 男子トイレには「就職活動も一歩前へ!」。

 それぞれの場所に合わせて考えられたものから、有名人のセリフのパロディーまで、全44種類が200枚以上が貼ってあったそうです。

就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター
就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター 出典: 羽田純さん提供
就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター
就活ガイダンスへの参加を呼びかけるポスター 出典: 羽田純さん提供

考案者に聞きました


 「制作の依頼を受けてから貼り出しまであまり時間がない中、パッと標語にしようと思いつきました」

 そう話すのは、デザインスタジオ「ROLE」(富山県高岡市)の羽田純さんです。

 学内のあちこちに貼り出すため、多くの種類を制作。

 学生にも協力してもらい、普段よく人が集まる場所やよく通るところをリサーチし、場所に合わせた標語も考えたそうです。

 全44種類を知り合いのフリーライターと2人で考えたという羽田さん。

 お気に入りは「いつやるの? ヒマでしょ!」で、林修さんの名ゼリフ「いつやるか? 今でしょ!」のパロディです。

羽田純さん
羽田純さん 出典: 本人提供


 ポスターの効果もあって、例年よりも参加者が多かったという就活ガイダンス。

 この企画は「北陸コピーライターズクラブ賞」でも入賞作品に選ばれたそうです。

 羽田さんはこう話します。

 「リクルートスーツ姿で『なりたい自分になる』的なポスターが多い中、爪痕を残せたように思います」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます