MENU CLOSE

ネットの話題

展示場の窓覆う布「絶対めくらないで」動物園が投稿した訴えが話題

大人こそ知って欲しい、命守る取り組み

動物園で時折見かける、展示場の窓を覆う布。実は、非常に重要と伝える、ある施設のツイートが共感を得ています。
動物園で時折見かける、展示場の窓を覆う布。実は、非常に重要と伝える、ある施設のツイートが共感を得ています。 出典: 那須どうぶつ王国の公式ツイッター(@nakprstaff)

目次

栃木県那須町の動物園・那須どうぶつ王国がツイッター上に投稿した、切実な訴えが話題を呼んでいます。来場者が、ついやってしまいがちな行動を控えるよう、呼びかける内容です。「動物の生き方を変えてしまうかもしれないと、知って欲しかった」。投稿した飼育員に、胸の内を聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

◆「医療機器」に起こったパラダイムシフト 「次世代CT」15年にわたる研究の軌跡(PR)◆

窓に布をかけている本当の意味

14日、那須どうぶつ王国の公式ツイッターアカウント(@nakprstaff)が、「※お願い※」という書き出しのツイートを公開しました。

添付された2枚の画像に写っているのは、動物の展示場です。よく見ると、窓全体が白い布で覆われ、「お休み中」と書かれた貼り紙も掲げられています。

その様子について、本文で、こんな風に解説されているのです。

動物園では動物へのストレスを極力減らしたり、少しずつ環境に馴(な)れてもらったりするために展示をお休みしている場合があります。
その際、カーテンや目隠し等を使用しています。
よくカーテンを捲(めく)ったりカーテンの留め具を外す等して中を覗(のぞ)いてしまう方がいます。
絶対にお止(や)めください。

※読み仮名は筆者が追記
那須どうぶつ王国の公式ツイッター(@nakprstaff)

「人間は動物たちの生活の場にお邪魔する立場。尊重したい」「ルールはしっかり守らないと」。ツイートには多くのコメントが連なり、4千超の「いいね」もつきました。

ストレスから餌を吐き戻すことも

共感を集めたメッセージは、どのような経緯から発信されたのでしょうか? ツイートを投稿した、同園動物チーム保全チーム飼育技師の橋本渚さん(28)を取材しました。

橋本さんによると、公開された画像は、アフリカなどの砂漠地帯に棲(す)むネコ科の動物・スナネコの展示場で撮影されました。メスの「ジャミール」とオスの「シャリフ」、その間に今年2月に生まれた、3頭の子猫向けのスペースです。

ジャミールと子猫たちは現在バックヤードにいます。一般公開も休止中ですが、子猫の成育ぶりを確認しつつ、3月18日から再開予定です。これに先立ち、閉園後を中心に一定時間展示場に入れて慣れさせる取り組みが、約1週間前に始まりました。

窓が布で覆われているのも、その一環です。スナネコの飼育担当として携わる橋本さんいわく、非常に重要な意味があるといいます。

「生後間もない子猫たちは、とても敏感です。いきなりたくさんの人間に囲まれると、強いストレスを感じ、餌を吐き戻すなどしてしまいます。そのため、窓から入る光や音を抑え、人間の姿や声に順応しやすい状況をつくっているんです」

こうした事情から、適度な遮光性・遮音性を得る目的で、今回は園内の救護室に備蓄しているシーツを活用しました。普段はロールカーテンなどを使いますが、生態に未知の点が多いスナネコのため、知恵を絞ったそうです。

今年2月に生まれたばかりの、スナネコの赤ちゃんたち。少しずつ、展示場の環境に慣れつつあるという。
今年2月に生まれたばかりの、スナネコの赤ちゃんたち。少しずつ、展示場の環境に慣れつつあるという。 出典: 那須どうぶつ王国提供

好奇心に駆られて布をめくる大人へ

橋本さんによれば、動物にとって、幼少期に展示場で負荷を感じる経験は、成長後も尾を引きます。物陰に隠れたまま動かなくなったり、食事を十分に摂(と)らなくなったりするのです。結果として、病気がちになる恐れもあります。

そのため同園では、取り組みを実施している部屋の前に、「お休み中です」「練習中です」と記載した注意書きを設置してきました。しかし、壁に布を固定する画びょうなどを外して、窓の中をのぞき見ようとする人々は少なくありません。

「以前、別の動物の展示場を消毒作業中だった時のことです。突然窓の覆いが開き、来場者の方と目が合いました。場内の動物がパニックに陥っていたのを覚えています。人間がいる環境がストレス源になるというのは、本当に一大事なんです」

そして、好奇心に駆られて布をめくるのは、子ども以上に大人であることが多いといいます。橋本さんは「大半の方々はきちんとルールを守ってくれている」としつつ、啓発のため、今回のツイートを作成したと打ち明けました。

ちなみに施設にやってきたばかりだったり、高齢で長時間の展示に耐えられなかったりする動物も、布で覆われた部屋で暮らすことがあります。様々な理由で、人目から遠ざけられている生き物がいる。それも、動物園の現実の一端です。

「展示場の見方意識して楽しんで」

橋本さんの訴えには、賛同的なコメントに加え、「外国語の案内文も掲示した方がいい」といった声も寄せられています。この結果について「幅広く思いが伝わってありがたい」と感謝した上で、次のように話しました。

「動物園には、家畜から野生生物まで存在します。一種一種、必要な対応や関わり方は全く違うんです。そうした点を踏まえ、動物に対する思いやりを忘れず、展示場の見方を意識して楽しんで頂けたらうれしいですね」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます