MENU CLOSE

連載

#91 コミチ漫画コラボ

心待ちにしていた机の「落書き」の返事 マンガで描く、わたしの卒業

コミチ×withnewsコラボで大賞に輝いたマンガは?

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として「#わたしの卒業」をテーマにマンガを募集しました。机に書いた落書きでやりとりしていた、顔も名前も知らない「だれかの卒業」を描いた作品が大賞に決まりました。小学校を卒業した我が子との思い出を描いた作品や、やめたいけどやめられない「習慣」をテーマにしたマンガなど、大賞・入賞に決まった計3作品を、選評とともにご紹介します。
「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)

【大賞】だれかの卒業(みりこ著)

顔も名前も知らない「だれか」と、教室の机の落書きだけで重ねたやりとり。返事を楽しみにしていたけれど、ある日、机をのぞき込むと「最後の授業でした 楽しかったよ」というさよならの言葉が……。

きゅんとして、甘酸っぱくて。思わず自分の学生時代を振り返ってしまうような読後感でした。

もしかしたら最後にふたりが会えるんじゃないか……そんな淡い期待をして読み進めてしまいましたが、会えなかったからこそ、主人公の心に強く刻まれたのかもしれません。

オンライン授業では難しい偶然の出会いと、青春の1ページ。かけがえのないものなんだと改めて感じた作品でした。(選評:水野梓)

【入賞】かつてうちにいた小学生(桜木きぬ著)

「私に絵心があればな…」

そう思わずにはいられない作品ばかりでした。私も0歳と5歳を育てる母ですが、日常の全てがファンタスティック。そのどれをも切り取って残したいものばかりです。
それを、作者の桜木きぬさんは、数年後に読み返したら思わず目に涙を浮かべてしまいそうな思い出として優しくユーモラスに記録しています。

卒業はうれしくてめでたくて…寂しい!!!!(選評:金澤ひかり)

【入賞】卒「業」(moimoi著)

眠らないビルとタイトルから始まる一枚目にもうやられました。

PCディスプレイのふせん、床に置かれたペットボトルなどのディテールが「眠れない」という悩みに一層の親近感を持たせてくれています。それでいて、ギンギンの目を作業用チェアにあしらったり、ファンシーな小物が部屋のあちこちにあったり、主人公のビジュアルも含め、moimoiさんの好きなもの、やりたいことがしっかり反映されていると感じます。

縦読みに最適なコマ割りで、絵はもちろん、話の展開もとても上手だと思いました。「ほらまた明日検索すればいいようなことを」という自分へのツッコミは読者として同調しやすく、「今、何時ですか?」という呼びかけにはハッと、学校ネタなど関係ない要素もいいバランスでクスッとさせてくれます。「宵っ張り」って言葉、私も今ひさしぶりに打った気がしますが、なんかいいですね。

次の作品もぜひ読みたいです。(選評:朽木誠一郎)

    ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/2fe07f044bed4)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。お題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

3月のお題は「#わたしのスカッとした話」です。締め切りは3月28日です。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます