MENU CLOSE

連載

#50 「きょうも回してる?」

「公園ゆらゆら遊具」に目をつけた〝オタク社員〟の変態的ガチャ

タカラトミーアーツが販売する「公園ゆらゆら遊具3」=筆者撮影
タカラトミーアーツが販売する「公園ゆらゆら遊具3」=筆者撮影

目次

公園などで設置されている動物のスプリング遊具(ゆらゆら遊具)を、タカラトミーアーツがガチャガチャにしました。ガチャガチャ評論家のおまつさん(@gashaponmani)は「あまりのシュールさで驚いた」と言います。企画したのは入社2年目でヒット商品を手がけた経験がある若手社員。遊具ガチャが生まれた背景を、おまつさんが取材しました。
「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)
ガチャガチャ評論家おまつの「きょうも回してる?」

しのぎを削るメーカー

毎月300種類ほどの新商品が発売されるガチャガチャ業界。売り場も専門店の出店ラッシュが続き、ガチャガチャ好きはもちろん、今までに興味が無かった人まで商品に触れる機会が増えました。

各メーカーはいま、いかに自分たちの商品に目に留めてもらえるかと、しのぎを削っています。

とくに、アニメやマンガなどのキャラクターを用いたIP商品とは違うオリジナル商品は、企画がもっとも大事になります。なぜなら、オリジナル商品は、お客様の嗜好性にかかっているからです。

売り場に並ぶたくさんのガチャガチャ=筆者撮影
売り場に並ぶたくさんのガチャガチャ=筆者撮影

入社2年目でヒット商品

「ヒット商品を生み出した先輩たちの企画には、共通している部分があります。どれもアクが強い企画でありながら、隠し味として、ある種の変態的な要素が入っています」

こう話すのは、タカラトミーアーツのガチャ・キャンディ事業部の森田和奏さんです。「僕も先輩たちを見習い、企画を立てる上で、『変態的』な要素を少しでも取り入れるように企画しています(笑)」と続けます。

森田さんは自分でも言うほどのおもちゃオタクで、子どもの頃からガチャガチャが好きだったそうです。その想いを大人になってからも抱き、2017年に入社しました。

入社翌年の2018年には、森田さんが初めて企画した商品が発売されました。オリジナルガチャの「カプセルコードリール」です。

本物のコードリールのようにイヤホンやスマートフォンの充電コードを収納できる便利グッズで、これがヒット商品になります。第4弾までシリーズ化され、累計約100万個以上が販売されました。

オリジナル商品は、10万個売れればヒット商品と言われますが、タカラトミーアーツのなかでも、新入社員の企画としては異例の大ヒットです。

ヒット商品となった「カプセルコードリール」=筆者撮影
ヒット商品となった「カプセルコードリール」=筆者撮影

散歩中に見た遊具から発想

商品開発について、森田さんは「『自分が欲しい』という想いを、クオリティに反映させることを大切にしています。そうでないと、刺さる人にも刺さらない。自分のなかでハードルを高くしています」と語ります。

森田さんはよく街中を散策したり、色々な場所に出向いたりするようにしているそうです。「そこで『自分の欲しい』を見つけると、新しい企画の芽になります」。今回紹介する、「公園ゆらゆら遊具3」も身の回りの気づきから生まれました。

公園ゆらゆら遊具シリーズは、誰もが子どもの頃に遊んだことのある、公園などにあるスプリング遊具(ゆらゆら遊具)をミニチュア化したものです。

「新しいアイデアがないかなと、散歩していたときに、子供を楽しませ尽くした、ホラー映画のような恐怖を感じさせるボロボロの遊具を見つけたんです(笑)。見た瞬間、『こんなガチャがあったら、自分が欲しい』と思い、ホラー的なかわいらしさを取り入れたガチャを作りたいと思いました」と企画のきっかけを明かします。

「公園ゆらゆら遊具3」について語る森田和奏さん=タカラトミーアーツ提供
「公園ゆらゆら遊具3」について語る森田和奏さん=タカラトミーアーツ提供

サンプル作ってプレゼン

しかし、商品化するためには、企画会議で周りの人を説得しなくてはいけません。そこで、森田さんは、わざわざ100円ショップでバネを見つけ、動物の人形を使いサンプルを手作りしました。

相手に具体的にイメージさせるプレゼンをした結果、自分が作りたい想いを商品化につなげました。今では、プレゼンでサンプルを見せた方が通りやすいと考え、3DCGを勉強しはじめ、3D出力してプレゼンする画策を練っているほどです。商品化に対する熱意が伝わってきます。

こだわった点について、森田さんは「単純なフィギュアではないため、バネという機能性の部分を追求しています。安全面を考慮したうえで、バネのパーツを探すのが大変でした。また、見た目のかわいさや若干のホラー感もです。完成イメージに近づけるため、自分でイラストを描いて伝えることもしました。彩色原型ができたタイミングでも、何度も修正を重ねました」と言います。

機能性を追求するため、バネにもこだわり=筆者撮影
機能性を追求するため、バネにもこだわり=筆者撮影

かわいさとホラー要素を取り込む

第1弾は、純粋なかわいらしさを表現した動物のラインナップで発売し、反響が良かったそうです。ただ、アンケートで「私の近所の遊具は、もっと怖いです」「かわいすぎる」という意見もありました。それをきっかけに、第2弾にはホラー要素を取り入れた汚れたパンダなどを入れ、お客さんを楽しませる工夫がされています。シリーズを重ねるほど、受注数も増えていったそうです。

第3弾は、恐竜やペガサスを追加し、原宿的なかわいい系を意識することにより、色合いもファンシーでPOPなバリエーションになっています。また、ちょっぴり怖いホラー感を出した「古びたリス」も追加しています。

古びたリス=筆者撮影
古びたリス=筆者撮影

私が初めて公園ゆらゆら遊具を見たとき、あまりのシュールさで驚いた記憶があり、「誰が買うんだろう(笑)」と思いましたが、杞憂に終わり、シリーズ累計40万個以上のヒット商品となりました。

第3弾のお気に入りを聞くと、「コアラが一番好きです」と森田さん。工場からできあがってきたコアラは、原型と比べて、目や口の位置が異なっており、不穏な顔になっていたそうです。

しかし、それが逆に実際の遊具っぽさを出しており、OKを出したという森田さん。「擦れた感じが良かったです(笑)。普通だったらありえませんが、工場でできあがったものが、よりリアルに再現されたものになったと思います」

不穏な顔になったコアラ=筆者撮影
不穏な顔になったコアラ=筆者撮影

森田さんに最後、今後はどんな商品を作りたいかと尋ねました。「商品が売れるか、売れないかはもちろん大切です。ただ、企画を考える上で、『自分が欲しいものが世の中に出ていないから、自分で作りたい』。それが企画の根底にあります。いかに自分が欲しいもの=世の中の人が必要としているかを結びつけ、商品を企画していきたいです」

「『これ、待っていたんだよ!』『これ、欲しかった!』と言ってもらえるような商品を作っていきたいです」

森田さんのガチャに対する野望は尽きません。

「ゆらゆら遊具」は、今後キャラクターバージョンもシリーズ化予定です。

     ◇

公園ゆらゆら遊具3は、「くま」「コアラ」「すずめ」「ねこ(茶トラ)」「きょうりゅう(むらさき)」「ペガサス」「古びたリス」の全7種。1回200円。

ガチャガチャ評論家おまつの「きょうも回してる?」
この連載は、20年以上業界を取材しトレンドをチェックしているおまつさんが注目するガチャガチャを毎週金曜日(原則)に紹介していきます。

     ◇
ガチャガチャ評論家・おまつ(@gashaponmani
ガチャガチャ業界や商品などをSNSで発信中。著書に「ガチャポンのアイディアノートーなんでこれつくったの?ー」(オークラ出版)。テレビやラジオなどのメディアへの出演や素材提供も多数ある。

連載 「きょうも回してる?」

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます