MENU CLOSE

連載

#8 #コミュ力社会がしんどい

「出来なくてもしょうがない」発達障害判明後〝開き直り〟消えた重荷

自分なりに楽しむコミュニケーション

対人コミュニケーションが苦手な漫画家・ゆめのさん。自身に発達障害があるとわかったことで、捉え方がどう変わったか、描いてもらいました。
対人コミュニケーションが苦手な漫画家・ゆめのさん。自身に発達障害があるとわかったことで、捉え方がどう変わったか、描いてもらいました。 出典: ゆめのさん提供

目次

漫画家のゆめのさん(ツイッター・@yumenonohibi)は、コミュニケーションにまつわる悩みを抱いてきました。自分の気持ちを、思うように言語化できない。会話から間を置いて、初めて適切な表現が思い浮かぶ……。最近、そうした事象が、発達障害に起因すると分かったのです。「他の人と同じように出来なくても、しょうがない」。ある種の〝開き直り〟を通じ、生きやすくなるまでのプロセスについて、描いてもらいました。
#受験生のモヤモヤ 学ぶ楽しさの見つけ方(PR)
#アルビノ女子日記

知能検査で分かった自分の特性

30歳を過ぎてから、ADHD(注意欠如多動性障害)・ASD(自閉スペクトラム症)と診断された、ゆめのさん。より正確に状態を調べるため、専門的な医療機関で、知能検査を受けました。

すると、言葉や絵から情報を読み取ることは比較的得意な一方、処理速度が極端に遅いと判明したのです。更に、マルチタスクが苦手といったことも分かりました。

「思い当たる!」。一連の結果に、ゆめのさんは膝を打ちます。周囲の人々と話す中で、言いたいことが咄嗟(とっさ)に思い浮かばず後悔したり、食事しながらうまくコミュニケーションが取れず、失敗したりした経験があったからです。

苦悩の根っこを見据えた上で、自分の振る舞いを顧みると、捉え方が変わりました。

他の人と同じように人間関係を築き、交流できない。その点に負い目を感じ、不安を強める場面が少なくありませんでした。でも発達障害由来なら、一つの特性として理解すれば良い、と達観したのです。

「私は他の人と元から違うんだから、出来なくたってしょーがない」。そうやって、良い意味で開き直れるようになったのでした。

出典: ゆめのさん提供

無理のない仕方で、対人関係を築いてもいい

ゆめのさんはその後、発達障害について調べる中で、琴線に触れる表現と出会いました。精神科医・本田秀夫さんの著書『発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち』(SB新書)に登場する一節です。

「対人関係が苦手」という特性は、「一般的な対人関係を築くのは得意ではないけれど、別のやり方ならば対人関係を十分に築ける」特性
『発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち』

例えば、大勢で会話するのが苦手な場合、少人数でお茶を飲む機会を設けてみる。たくさんの人と関わらねばならない仕事に抵抗があるなら、在宅勤務や、極力一人で回せる業務に取り組む。自分なりに最適解を導き出すことは可能なのです。

「ふつう」に執着せず、「私」という主語を取り戻すことから始めてみる。無理のない仕方で、対人関係を築いてもいい。そう気付けたとき、心にのしかかる重荷が消えたかのように、開放的な気分になれたのでした。

出典: ゆめのさん提供

「他の人と違う点」を前向きに捉える

発達障害の診断は、ゆめのさんにとって、自分自身の特性を受け止めるきっかけになりました。長年悩んできたコミュニケーションについても、「自分らしく、ちょっとずつ進んでいこう」と思えるようになったそうです。

一方で、発達障害の診断を受けずとも、他者との距離感が測りづらい、といった困り事を抱える人はいるでしょう。自分自身と、家族や友人、知人の個性が衝突する場合もあるかもしれません。

こうしたケースを念頭に、ゆめのさんは、次のように話しました。

「『他の人と違う点』を前向きに認識し、自分に合った対人関係を、無理なく築く。そのことが、誰しもに当てはまる、生きやすさを得る手立てになるかもしれません」

  ◇
 

 


ゆめの:
マンガ家。著書に『心を病んだ父、神さまを信じる母』(イースト・プレス)。好きなことは寝ること。

【連載・#コミュ力社会がしんどい】
生きていれば、他人と関わることが怖いと思うことは、誰しもあるのではないでしょうか。クラスメートと会うだけで疲れる。アルバイト先になじめず、同僚から距離を置かれてしまう……。人付き合いは苦手だけれど、何とかうまく交わりたい。こじれた気持ちをほどくため、もがいてきた日々について、漫画家・ゆめのさんが描きます。毎月最終火曜日更新。(連載記事一覧はこちら
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます