MENU CLOSE

連載

#86 #小山コータローの4コマ劇場

「食卓が映えるよ!」 自信を持って勧められた魚がすごい奇抜

「ヤダ! セクシーね」

小山コータローさんの漫画「美意識を売る男」
小山コータローさんの漫画「美意識を売る男」
そっちの映え……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
音楽界の革命児サカナクション・山口一郎さんが考える「未来」とは?(PR)
小山コータローの4コマ劇場

「美意識を売る男」

小山コータローさんの4コマ漫画「美意識を売る男」
小山コータローさんの4コマ漫画「美意識を売る男」

思春期みたいなはしゃぎっぷり

「武器がひとつしかない男」や「限定しりとり」などの漫画で、たびたびツイッターでも話題になっている小山さん。「美意識」について聞いてみました。

実は比較的、美意識はあるタイプなんです。

ナイトクリーム塗ったりしてますし、35歳なのに会社が夏季休業に入った時だけ紫に染めたりと、思春期みたいなはしゃぎ方をしています。

でも、年齢的にファッションとかは難しいですよね。大人っぽくしっかりしたものを着た方がいいのかなと思いつつも、心は12歳なのでグラフィックTシャツに緩いパンツで1年間を過ごしたいです。

あと若い時はまったく思わなかったのですが、コンビニで買ってきた惣菜などをお皿に出したくなりましたね。

そのまま食うと「俺は現代に取り残された山賊の生き残りなのか」などと思ってしまうので、あたかも誰かが作ってくれた料理かのようにお皿に出したくなります。

これも美意識の変化からくるものかもしれません。これからも美意識は変わって行くことでしょう。

80歳になったら、ベージュの肌着に腹巻して、ベージュのモモヒキ履いて、草履で家の周りを散歩して、2メートル毎に休憩するという美を追求するのだと思います。

いざ美意識の旅へ……

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの4コマ劇場

連載 #小山コータローの4コマ劇場

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます