MENU CLOSE

ネットの話題

斉藤、斎藤、齋藤…いったいどのサイトウ? ハンコの反抗期が面白い

商品化の経緯を取材しました。

「ハンコの反抗期」のラインナップのひとつ「サイトウ」。斎藤、齋藤、斉藤、齊藤……といった具合にいろんな漢字のサイトウが集まっています (c)BANDAI
「ハンコの反抗期」のラインナップのひとつ「サイトウ」。斎藤、齋藤、斉藤、齊藤……といった具合にいろんな漢字のサイトウが集まっています (c)BANDAI 出典: バンダイ提供

目次

 斎藤、齋藤、斉藤、齊藤……といった具合にいろんな漢字のサイトウが集まっていたり、一度で大量に「佐藤」を押せたり。そんなガシャポン「ハンコの反抗期」が発売されました。商品化の経緯を取材しました。

プレモルと絶品プリン。withnewsチームが見つけた共通点とは(PR)
ラインナップは全5種類 (c)BANDAI
ラインナップは全5種類 (c)BANDAI 出典: バンダイ提供

1回300円のガシャポン


 11月になって順次販売が始まった「ハンコの反抗期」。

 1回300円のガシャポンで、「サトウ」「サイトウ」「タカハシ」「タナカ」「スズキ」の全5種類がラインナップされています。

 例えばサイトウは、「斎藤」や「齋藤」といった漢字が異なる19個の名字を一つにまとめたハンコ。

 サトウは、いろんな字体の「佐藤」を一度でまとめて押せるハンコです。

 ツイッターで紹介されると、「ダジャレを使いたいがための商品」「使える人が思いっきり限定されてる」といったコメントが寄せられ、注目を集めました。

こちらは「サトウ」 (c)BANDAI
こちらは「サトウ」 (c)BANDAI 出典: バンダイ提供

担当者に聞きました


 「ハンコの『同じ印面が何度も押せるという』という点と、日本人の身近にある名字というモチーフが面白いと、以前から思っていました」

 そう話すのは、バンダイのベンダー事業部・森内尚さん。

 同じ名字の人が自分向けに買ったり、プレゼント用に買ったりという用途を考えて、名字の選択は人口の多いものを中心にしたそうです。

 絞り込むにあたっては、メールの宛名を打つ際に迷った自身の経験なども参考にしました。

 「集めやすさとコストのバランスで5種類になりましたが、もっと入れたかったです。ワタナベさんも『どのワタナベさん?』となることが多いですが、同僚に何人いるかなと考えたときに、サイトウさんのほうが多くいたのでサイトウさんを選びました」

こちらは「サイトウ」 (c)BANDAI
こちらは「サイトウ」 (c)BANDAI 出典: バンダイ提供

話題になって


 名字選びよりも、いかに社内会議を通すかの方が苦労したといいます。

 「名字あるある」がSNSやテレビで取り上げられている点などを強調して資料を作成。

 会議で「これは話題にならないんじゃない?」との意見も出たそうですが、発売後にツイッター上で注目を集めました。

 「次の商品を提案するときの武器になるので、大変ありがたいです。自分の『これは話題になりそうだ』という感覚が、ユーザーの皆さんとズレがないとわかったのが一番うれしかったです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます