MENU CLOSE

連載

#81 コミチ漫画コラボ

親に隠れてマヨネーズ、おいしかったはずが…マンガで描く「ひと皿」

コミチ×withnewsコラボで大賞に輝いたマンガは?

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として「#わたしのひと皿」をテーマにマンガを募集し、母が不在だった時に自分でつくった「ハムマヨ焼き」を描いたマンガが大賞に決まりました。料理があまり得意じゃなくても背中を押してくれる体験を描いた作品や、二度と食べられない父の弁当をテーマにしたものなど、大賞・入賞に決まった計3作品を、選評とともにご紹介します。
プレモルと絶品プリン。withnewsチームが見つけた共通点とは(PR)

【大賞】母と私とハムマヨ焼き(サッコウ著)

母が祖父の入院に付き添うことになり、不在に。自分でつくった「ハムマヨ焼き」をおやつ代わりに食べていた女の子ですが、だんだんおいしく感じなくなって……。

小さな頃によく食べていた「思い出の味」ってありますよね。小学生の頃、仕事で遅くなる母が作り置いてくれた「おでん」を温めて、好きな具材だけ食べた「特別感」を思い返しました。

一方で、コロナ禍で「誰かと食べる喜び」も改めて感じます。マンガの女の子からも、お母さんと食べるうれしさが伝わってきてジーンとしました。「いま作っても、当時の感動の味を超えられない」という振り返りにも、思わず頷きました。(選評:水野梓)

【入賞】ぼくと妻の一皿(ぽんすけ著)

料理は好きだけど要領がちょっと悪いぼく。吹き出しとナレーションを上手に使い分けたことで、妻への感謝の思いが丁寧に伝わってきます。

吹き出しで描くのは目の前の作業に没頭する姿。ナレーションではそんな自分にツッコミを入れるバランスの良さが光ります。

何げない会話のやりとりに潜むかけがえのない時間。家族との〝いつもの食事〟を大切にしている作者の日常が浮かぶ作品でした。(選評:奥山晶二郎)

【入賞】ボス猿父ちゃんの不器用弁当(山犬著)

家事を一切やらない「ボス猿父ちゃん」から、一度だけ作ってもらった弁当の思い出です。
ぺらぺらの卵焼きや、焼き目のないウインナー……。全力思春期&反抗期中の娘は、文句たらたら、それでも、慣れない台所で四苦八苦する父を想像しながら、一品一品かみしめます。

普段は口をきかない父娘の、不器用なコミュニケーションが、ひと皿に生き生きと描写されていて、目頭が熱くなりました。

手の込んだ手作り料理や、キャラ弁じゃなくても、子どもたちは「ひと皿」の向こう側にあるいろいろな思いを、時に敏感に感じとっているのかもしれませんね。私は冷食も好きでした!

ちょっと距離があるからこそ伝わる「弁当コミュニケーション」のご提案、うちもぜひ試してみたいと思います!(選評:松川希実)

    ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=453)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

10月のお題は「#わたしの我が家ルール」です。
友人に話して驚かれた、実家だけの謎ルール。当たり前だと思っていたけど、友人宅にはなかったあの「決まり」……。

あなたの家や実家などに「我が家ルール」ってありましたか? 思わず笑ってしまう独特なルールや、ちょっと煩わしかった門限などなど……。あなたの「我が家ルール」にまつわるエピソードをお待ちしています。締め切りは10月31日です。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます