MENU CLOSE

連載

#3 #日本のフツウが分からない

ランドセル、娘だけが「黒」だった 日本のフツウが分からない

「うちの子、いじめられるかも」

「入学式の日、うちの子のランドセルだけがまわりと違う」と気がつきました(イラスト・逸見恒沙子)
「入学式の日、うちの子のランドセルだけがまわりと違う」と気がつきました(イラスト・逸見恒沙子)

モンゴルから15年前に来日したザヤさん。3人の子どもを育てながら、教科書にも、辞書にもない日本の子育ての習慣に直面してきました。その「失敗」を糧に、ザヤさんが開いている子育てママを集めた勉強会には、多くの悩めるママが集まります。でも、勉強会をのぞくと、何だか日本の「フツウ」って、不思議なことだらけ? 「子育てにかかるお金」のテーマでは入学準備が話題になりました。

プレモルと絶品プリン。withnewsチームが見つけた共通点とは(PR)
日本のフツウ?


ランドセル(らんどせる)
日本では、小学校でランドセルを6年間使います。入学の1年以上前から、好きなランドセルを買うために予約をする人もいます。ランドセルを買うことを「ラン活」と呼びます。

 
イラスト・逸見恒沙子
イラスト・逸見恒沙子

12年間、クラス替えなし

子育てにはお金がかかりますね。外国から来た人が分からないのは、学校にかかるお金のことです。

そもそも、学校の仕組みは国によって違います。例えば、私が育ったモンゴルでは、小学校は5年、中学校は4年、高校が3年です。

日本は制度が違うので、いつ進学・進級するのか、最初は全然わかりませんでした。
2年くらい前に、東京都が発行している冊子の中で、日本の学校の説明を見つけました。やっと日本の学校の仕組みが理解できました。

私が育った頃は、モンゴルは小学校から高校の12年間はクラス替えがなく、席替えもありませんでした。隣の席の人はずっと一緒。小学校から高校まで同じ制服でした。

でも日本では、学校に持っていく「カバン」を買うのにも、高いお金がかかって、びっくりしました。

ザヤさんが感動した、年齢・学年に対応した、日本の教育制度の表(イラスト・逸見恒沙子)
ザヤさんが感動した、年齢・学年に対応した、日本の教育制度の表(イラスト・逸見恒沙子)

思い入れにびっくり

モンゴルにはランドセルがありません。学校には、みんな自由にばらばらのカバンで行っていました。

だから、最初は、「ランドセル」を買わなければいけないことも、知りませんでした。

でも、同じ幼稚園のママたちが、入学する1年ぐらい前から「ランドセル」について話し始めて、焦りました。

良いものや、かわいいものを選びたいと、ママたちが一生懸命考える理由が分かりませんでした。

日本人の夫の両親が「プレゼントしたい」と言ってくれて、日本人にとってランドセルは「物を入れて持ち歩くための物」以上の物なんだと知りました。その思い入れの強さに驚きました。

イラスト・逸見恒沙子
イラスト・逸見恒沙子

入学式で持った違和感

娘は結局、自分で黒色のランドセルを選びました。

私にとってはただの黒いランドセルに見えましたが、娘は「ピンクの縫い目が入っている」と気に入ったようでした。

でも、ママ友たちの話を聞いていると、「10万円以上のものを買った」とか、ピアノの柄が着いているような物を選んだママ友もいました。

入学式の日、ほかの子どもたちが背負っているランドセルは色もさまざまで、かわいくて、「うちの子のランドセルだけ違う」と感じました。

「まわりと違うと、いじめられるんじゃないか」と思って、私は涙が出ました。

でも、すぐに「交通安全」の黄色いカバーでランドセルは覆われてしまい、「悩んだ意味なかったんだね」と気づきました。

その経験もあって、次女には私が5000円の赤い色のランドセルを勝手に買ってきてしまったのですが、次女に「自分の好きな色を選びたかった」と怒られてしまいました。

日本はなんで、ランドセルなんでしょうか?

イラスト・逸見恒沙子
イラスト・逸見恒沙子

学校指定のもの

入学準備は、ランドセルだけではありません。

私は、「学校指定のものを売っている店」があるのが分からなくて、失敗しました。

たぶん、入学の前に説明があったと思います。ただ、そういう「店」があるとは知らなかったので、何を説明されているかわかりませんでした。そして、必要な物を自分でその「店」に買いに行かなければいけないことも、わかっていませんでした。

入学直前に、私はスーパーで「上履き」を探しました。これは幼稚園でも上履きを使っていたので「必要だろうな」と思って、買いました。

でも初めて登校の日、みんなが同じ帽子をかぶっていて、びっくりました。
娘は泣いてしまいました。その日に初めて「学校指定のものを売っている店」を聞いて、すぐに用意しました。

なぜみんな、同じ帽子をかぶっているんだろう? 日に当たらないためですか?

今もよく分かりませんが、入学準備をする外国人ママには「日本の学校では、みんな同じ帽子をかぶることもあるよ」「学校で、学校指定のものを売っている店を聞いた方がいいよ」とアドバイスしています。

中学に進学するときには、また、新しい制服が必要です。制服を受け取ってほっとしていたら、「学校指定のかばんを取りに来ていませんよ」と言われて、びっくり。

いろいろお金がかかるんだなぁと驚きます。

ひらがなネットめも


「日本の教育の仕組みがわからない」というのは、外国人のお母さんにとっては大変な問題です。学校に何年通うか、公立と私立の違いは何か、受験をするタイミングはいつで、学費はいくらかかるか――。

調べればわかることですが、日本語がわからなかったり、日本の文化に慣れていない人は、どう調べればいいか、誰に聞けばいいか、わかりません。 日本語を勉強中の人には、イメージしやすいように、記事の中で紹介しているような図や、イラストを見せるようにしています。

 

【#日本のフツウが分からない】この記事はひらがなネットとの共同企画です。子育てやご近所づきあい、仕事……。日本では「常識」として、言葉にしていない独特の文化があります。でも、「当たり前」だと思って飲み込んでいるだけなのかもしれません。育った文化や習慣と違う日本で生活している外国人ママたちの視点でみると、不思議なものとしてうつっている「日本のフツウ」。どうしたらみんなにとって生きやすい社会になるのか、一緒に見つめてみませんか?

記事の感想やあなたがモヤモヤしていることを、#日本のフツウが分からない を付けてツイートしてください

 
 
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます