MENU CLOSE

マンガ

絶望の底から私を浮上させた〝あの頃のプレイリスト〟マンガで描く

コミチ×withnewsコラボで大賞に輝いたマンガは…

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として「#わたしのプレイリスト」をテーマにマンガを募集したところ、音楽の力を改めて感じる力作が集まりました。そのなかで、精神的に病んで〝どん底〟にいた時、「自分を引き上げてくれたプレイリスト」を描いたマンガが大賞に決まりました。歌に励まされた思い出を描いた作品や、懐かしの「MD」をモチーフにしたものなど、大賞・入賞に決まった計4作品を、選評とともにご紹介します。
「目指すものと大切な存在が、人を強くする」森崎ウィンさんインタビュー【PR】

【大賞】人生に絶望した時のプレイリスト(さく兵衛著)

友人から勧められて聞いたけど、その時は合わなかったアーティスト。でも、気持ちが落ち込んで「どん底」にいるときに聞いたら――。

その時の心身の状態によって「刺さる」曲や歌があるのって不思議ですよね。ふと思い出の曲を聞き返すと、当時の心境や心の傷をありありと思い出します。

誰しも「どん底」にいるような経験ってあるのではないでしょうか。わたしは中高時代にCoccoにどはまりしていたのですが、病みそうな思いを自分の代わりにCoccoが叫んでくれていたんだなぁと感じることがあります。さく兵衛さんと同様に、今でもお守りのようなプレイリストになっています。(選評:水野梓)

【入賞】My Playlist(ちえむ著)

綺麗にまとまっており、「出会わなければよかったと思う曲」という逆張りの導入が興味を引きます。大ゴマで「がんばってなんかないのに」と返すまでのテンポがいいです。

そこから逡巡し、再起し、努力する流れはもう少しコンパクトにするか、仕上げにより(例えば頭を抱えるシーンなどの)迫力を増すと、中だるみを防げるかもしれません。また、たくさん投稿したことよりも、落選したことを示す方が、「出会わなければよかった」という導入が生きると思いました。

もし、“いい話“で終わらせず、読者に引っかかりを持たせるなら、奨励賞受賞からラストまでに、ちえむさんの体験をベースにしたもうひと展開を読んでみたかったです。
HOMEのこの部分の歌詞、私も好きです。(選評:朽木誠一郎)

【入賞】君は僕の音楽(emix著)

小学校低学年の頃、6年生の教室に届け物をしたことがあります。室内に並ぶ、目線ほどの高さの学習机。いずれ、どれかが僕のものになるんだ――。心も体も成長した先に広がる、無限の可能性を象徴するようで、胸高鳴らせたものです。

主人公の女性に、私は当時の自分を重ねました。今は若くか弱いけれど、大好きな人となら、素敵な明日を目指せる。将来へと向けた希望に、混じり気は一切ありません。しかし時の流れは、願った未来を幻へと変えてしまいます。だからこそ、物語を貫く「君は僕の音楽」の歌詞が、一層胸に迫るようです。

育児に追われ、せわしく過ごす女性の姿は、青春時代に描いた理想から遠いかもしれません。しかし身近な家族との暮らしの中にも、耳を傾けるべき「音楽」が流れていると、彼女は気付きました。学習机の向こう側にある、私の人生にも、他では聴けない旋律が響いているのでしょう。等身大の生き様を、全力で肯定したいと思わせてくれる作品でした。(選評:神戸郁人)

【入賞】playlist(ヘケメデ著)

MD。たった二文字で、多感だった高校時代に今でも引き戻してくれる不思議な言葉です。気になっている子が聴いているアルバムを風の噂で知ったときは、コンポで録音して通学の友にしていたなぁ。結局、その子には言い出せなかったけど。

作品のような意中の人とプレイリストをつくるなんてシーンは当時、憧れ中の憧れでしたね。それがスマホになっても、好きな人と音楽を共有する喜びは変わらないと思いつつ、最後のイヤホンの展開は思わず「エモっ」と心のなかでつぶやいてしまいました。

作者のヘケメデさんがつづっている「一昔前の音楽の共有の仕方や、それによる気持ちの伝え方ってまだるっこしくって最高だったな」というコメントに共感しながら、甘酸っぱい思い出がよみがえった一作でした。(選評:丹治翔)

    ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=451)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

9月のお題は「#わたしのひと皿」です。
食欲の秋、あなたにとって「わたしのひと皿」と考えるメニューはありますか? 人生の最後に食べたいと考えている「ひと皿」や、心に残っている「ひと皿」をめぐる思い出……。あなたの「ひと皿」にまつわるエピソードをお待ちしています。締め切りは10月3日です。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます