MENU CLOSE

ネットの話題

女王アリが死亡した巣 ネットをざわつかせた「葉に乗る」役割とは?

生きる働きアリの日常

女王のいない巣でも続く日々のくらし=(公財)東京動物園協会提供
女王のいない巣でも続く日々のくらし=(公財)東京動物園協会提供

女王アリが死亡し、衰退していく群れの「終焉」を、あえて展示して話題になっている多摩動物公園(東京都日野市)。女王が死んだ後も、粛々と役割を果たす働きアリの「役割」の一つ、「葉に乗る」がネットをざわつかせています。どんな役割で、何のためにいるのでしょうか?

キノコを自分たちで育てて食べるアリ

多摩動物公園で展示しているハキリアリは、南米ペルーで生まれた群れで、「Atta sexdens」という種類です。

葉っぱをかみ切って運ぶ姿が知られていますが、この葉は巣の中で細かくかみ砕いて、キノコを「栽培」するために使います。このキノコはアリたちの食糧になるため、「農業」を営む昆虫、としても知られています。

女王亡き後も、農作業などを分担しながら、変わらずに暮らしを営む「働きアリ」たち。役割は、10段階以上の体の大きさに合わせて、それぞれ分業しているそうですが、ネットで注目が集まったのは、その役割のうちの一つでした。

・巣の周囲を探索
・対象の植物~巣までの道を構築、保守、安全確保
・葉を切る、運ぶ
・葉に乗る
・葉を受け取り掃除、細断、加工
・菌園の増築
・菌園の保守
・巣の構築(穴掘り等)
・巣内の清掃
・菌糸体(エサ)の収穫
・古くなった菌園の解体
・卵、幼虫、蛹の世話、引っ越し
・働きアリの世話、清掃
・女王の世話

4つ目の「葉に乗る」です。

「何のためにある役割なんだろう?」「一番ラクそう。ハキリアリになるならこの役割が良い」などと、注目されました。

「葉に乗る」アリ?=(公財)東京動物園協会提供
「葉に乗る」アリ?=(公財)東京動物園協会提供

ちゃんと重大任務

昆虫園飼育展示係の渡辺良平さんに聞くと、「葉に乗る」係は、ラクをするために葉に乗っているわけではありませんでした。

「葉っぱに乗っているのは周囲の監視兼護衛役です」

かみ切った葉を運ぶ役割をしている働きアリたちは「無防備(アゴで葉を持っているので武器が使えない)」なアリ。生息地では、この無防備さがあだとなり、寄生(産卵)しようとするノミバエの仲間から狙われてしまうといいます。

そこで登場するのが「葉に乗る」係。

「葉を運ぶ係のアリを、ノミバエから守るために、小回りの利く小型の働きアリたちが『葉に乗る』係として同行しています。葉を切る場所をよく観察すると、葉切り担当の邪魔にならないように脇で待機しているシーンをよく見かけます」

一見、何をしているか分からないアリも、仲間を守る重大任務を果たしていました。目立たない役割でも、自然界ではかけがえのない役割です。

ハキリアリの展示=(公財)東京動物園協会提供
ハキリアリの展示=(公財)東京動物園協会提供

新しい女王は生まれないの?

女王アリが死ぬと、群れも、ともに滅びます。

「後継者」が生まれたり、「クーデターでのしあがる」アリがいたりして、巣に新しい女王が生まれることがないのかという疑問も上がりました。

ハキリアリは種ごとに異なった生態をしているため、昆虫園で飼育しているAtta sexdensの場合という前提で渡辺さんは答えてくれました。

「実は、条件が整えば群れの生涯にわたって、何度も新女王アリと雄アリ(どちらも、いわゆる羽アリ)が出現します。しかも、一度に生まれる新女王アリと雄アリは1匹ずつではなく数百匹にもなります」

ハキリアリの新女王アリ誕生を伝える多摩動物公園のニュース
亡くなった女王アリ=(公財)東京動物園協会提供
亡くなった女王アリ=(公財)東京動物園協会提供

一方で、女王から生まれた新女王は巣をのっとることはありません。

「成熟した新女王と雄アリはこの群れから巣立って、別の巣から同じように巣立ってきた新女王アリや雄アリと交尾をして、1から自身の群れを作り上げていきます。なので、引き継いだりクーデターが起きたりといったことはありません」

女王の死後も生活を営み続ける働きアリたち=(公財)東京動物園協会提供
女王の死後も生活を営み続ける働きアリたち=(公財)東京動物園協会提供
女王アリが死んだハキリアリの巣の展示は、多摩動物公園で、20日現在、継続中です。ただ、かなり巣の収縮が進んでいるとのことでした。多摩動物公園は当面の間、事前予約が必要になっています。詳しくはホームページで確認してください。
多摩動物公園ホームページ
 
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます