MENU CLOSE

話題

のだめさんからの取材リクエスト

劇場版「鬼滅の刃」の興行収入は、ギネス世界記録になりますか?



「鬼滅の刃」の興行収入、実はギネス登録されていた…何カテゴリー?

ギネス世界記録における映画の興行収入について調べました(写真はイメージです)
ギネス世界記録における映画の興行収入について調べました(写真はイメージです) 出典: PIXTA

目次

取材リクエスト内容

劇場版『鬼滅の刃』が全世界の興収で年間トップだそうですが、
映画の興収でギネス認定されたりするのしょうか? のだめ

記者がお答えします!

2020年10月の公開以降、国内での歴代興行収入1位を記録した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。海外でも45の国と地域で上映が行われており、アメリカのデータサイト「The-Numbers.com」によると2020年公開の映画としては世界トップになっています(7月2日時点)。「世界一」といえば、様々な金字塔の証しとなっているギネス世界記録。映画の興行収入については、どのように扱われているのでしょうか。ギネスワールドレコーズジャパンの担当者に聞きました。

5万8千件の世界記録

現在約58000件が登録されているというギネス世界記録。元々は、ギネス醸造所(アイルランド)の最高経営責任者だったヒュー・ビーバー卿が世界一を集めた書籍を作ることを思いついたことから始まります。「1965年に英国で初版が発行され、その後ベストセラーとなり、ギネス世界記録の名は世界中で知られるようになりました」と担当者は説明します。

ギネス世界記録には、申請によって記録とされるタイプがある一方、外部の専門家や機関からの情報をもとに登録されるリサーチ記録もあります。映画関連はリサーチによる記録が多く、担当者によると、興行収入は初版から掲載されています。「最も興行収入をあげた映画」として紹介されたのが、『風と共に去りぬ』でした。

「千と千尋」「君の名は。」を抜き世界記録に

「最高興行収入」については、単年のギネス世界記録はなく、歴代の記録となります。この記録を保持しているのは、2009年公開の『アバター』です。ギネス世界記録の出典にもなっているThe-Numbers.comによると、興行収入は28億4589万ドル。鬼滅の刃は同サイトで233位を記録し、興行収入は4億7937万ドルとなっています。

ただ、ギネス世界記録には「世界で最高興行収入の日本アニメ映画」というカテゴリーがあり、こちらでは鬼滅の刃が『千と千尋の神隠し』や『君の名は。』を抜いて世界記録として登録されました。

「心を打つものを記録に残す」

さらに興行収入に関しては、歴代以外にも様々な角度から切り取った世界一を登録しています。「例えば昨年11月に発売された書籍『ギネス世界記録2021』では、『最高興行収入のスパイ映画シリーズ』として、『007』シリーズが紹介されています。『007ドクター・ノオ』から『007 スペクター』までシリーズ26作品の世界興行収入が世界一となっています」(担当者)。同書では、最高興行収入の主演男優(ロバート・ダウニーJr)や主演女優(スカーレット・ヨハンソン)なども紹介されています。

「心を打つものを記録に残す」というミッションのもと、様々な世界一を網羅し、登録しているというギネスワールドレコーズ。「興行収入の記録は我々が登録する他の記録と同様、今の社会や文化の一面を現わし、人々の心を刺激する貴重な情報だと考えます」とコメントしました。

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます